占いツクール
検索窓
今日:31 hit、昨日:68 hit、合計:21,759 hit

ページ9

『ったく。ここには病人いるんですよー。静かにしてもらえませんかね?このボケナス』

「病人がそんな元気でたまるかい。このトーヘンボク」

「この二人に悪口の言い合いさせたら、どれくらい続くのか調べてみたくなった」

『黙ってろ、羽根つき』

「羽根つきってなんだよ」


いや、ハクの頭にいつも羽ついてるじゃん?

来た時からなんなのかすっごい気になってた。


「あー、もう!私はもういくからね!大人しく寝てろ病人ども、特に二人」

『その特に二人って私も含まれてんの!?うるさいのこいつだけじゃん』

「いや、お前が一番ひどい」


もう、可愛らしい乙女に向かってこんなこと言うなんていつか天罰下るぞ。

一番かわいいのはヨナだけど!

そして母さんはからりと戸を開けてしずしずと歩いていく。

こんなに病室で暴れたんならどたどた歩いていけや。

思えば猫かぶりは母さんが始めたことだったんだよなー。

私といる時と、城の廊下にいる時の温度差がヤバイ。


「ランカ様…。なんか、すごかったね…」

『ヨナ、濁さなくていいよ。あれ以上ヤバい人は見たことないって言いなよ』

「そんな失礼なこと、言えるわけないじゃない」

『いい子だねヨナ』


ていうか言えるわけないって答えるってことは実際そう思ってんのね。

うちの母さんのヤバさと言ったら、地獄のエンマ大王も怖がると思うわ。


「そういえば」

『ん?どうしたんだい?』

「セナってランカ様と髪の色、かなり違うわよね。父さまとも違うし…」


あー、この髪のことか。

母さんは焦げ茶色で、背中にかかるくらいの長さ。

長さこそ同じだけど、私は透明っぽい銀色で毛先が水色に染まっている。

頭を揺らすとふわっと風に吹かれて持ち上がる。

そういう意味で言えばかなり違うかもね。


『どーしてだろーねー、私もわかんないやー』(棒)

「ちょっと。棒読みしないでよ」


そう二人で言い合っているとまたがらりと戸が開いた。

もしまた母さんだったら私切腹するわ。

母さんの相手をするのも疲れるんだよ。上から目線だけどね。


「ハクー!」

『お』

「じっちゃん!?」

「小僧。姫様に雪を投げて病にかからせたらしいな」


すげー圧だなムンドク。


「雪があったら投げるのが礼儀だろ」


思ったけどハクって変な礼儀ばっか持ってるよね。

ツボと引き出しは即除くし。

いちいちお金取るし。

今度ハクの礼儀一覧調べてみよっと。

*→←*



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (11 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
22人がお気に入り
設定キーワード:暁のヨナ , ユン
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

千々 - ありがとうございます!セナの秘密は…ジェハとの出会いで明かされるかも…!?更新頑張ります! (10月24日 21時) (レス) id: a6aff5c4e4 (このIDを非表示/違反報告)
ナルト&マギ&銀魂LOVE♪の朱雀 - 単刀直入に言います!大好きです!面白いから!他の三名の登場を楽しみにしています!セナの秘密についても楽しみです!更新頑張ってください! (10月24日 20時) (レス) id: cca3220680 (このIDを非表示/違反報告)
千々 - ありがとうございます!ギャグをかきたいと思っていて。シリアスとギャグ、双方お楽しみいただけたら嬉しいです。 (9月26日 4時) (レス) id: 954f46a913 (このIDを非表示/違反報告)
わし - え、待って?好きすぎて笑うw更新待ってます!頑張ってください! (9月24日 21時) (レス) id: 60407ae82c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:千々 | 作成日時:2019年9月8日 5時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。