占いツクール
検索窓
今日:595 hit、昨日:754 hit、合計:33,049 hit

シェアハウス 始まり ページ1

風磨side



今日は六人全員でのロケだった。


俺が楽屋に着くと、すでに他のメンバーはそろっていた。


マリ「今日のロケなんだろね〜?」

聡「楽しい系のロケしたいなぁ」


みんな好きなことをしながら、スタッフさんが呼びに来るのを待っていた。


しばらくすると、スタッフさんがカメラを回しながら楽屋に入ってきた。


健人「え、もう撮ってんの?」


急に始まった撮影に驚いている俺たちに、バスに乗るように案内する。


A「どこ行くんですか?」

勝利「なんのロケ?」


行ってからのお楽しみです、の一点張りでスタッフさんは何も教えてくれなかった。


バスに乗ってからも、説明は一切ない。


風磨「嫌な予感しかしないんだけど」

A「むしろ怖いんだけど……」


少しして、バスは目的地についたようだった。

降りると、そこには白い三階建の家の前だった。


聡「え、何、どういうこと?」


スタッフさんが勝利にフリップを渡した。


勝利「全然状況分かんないけど、とりあえずめくるよ?」


紙をめくって、俺は自分の目を疑った。


勝利「レッツ シェアハウス……?」

風磨「は?」

聡「どういうこと?」


ここでようやく説明が入った。


今日から6人でシェアハウスをするらしい。


それぞれの家には、荷物を取りに行くくらいしかできないそうで、基本的にはここで暮らすとのことだった。


それぞれの個室はあるみたいで、必要なものも用意してくれるみたいだけど……


正直気がかりなのはAのことだった。


一応(?)は女なわけだし、男5人の中で暮らすなんて大丈夫か?


それにまともに掃除やら料理ができるのはAぐらいだと思う。

もちろん全員でするつもりではあるけど、どうしてもAの負担は大きくなってしまいそうだ。

それはどうするんだろう。


そんなことをスタッフさんに聞く時間もなく、俺たちは家の中に入った。

シェアハウス2 新しい家→



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (70 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
444人がお気に入り
設定キーワード:紅一点 , SexyZone , ジャニーズ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

くらげ(プロフ) - @Kentoさん» 大阪です! (58分前) (レス) id: 824a951334 (このIDを非表示/違反報告)
@Kento - ちなみに何処に住んでいるか教えてもらっても…?できればなので!私は福島です! (7月19日 21時) (レス) id: 367f723e61 (このIDを非表示/違反報告)
くらげ(プロフ) - @Kentoさん» ぜひぜひ! お願いしますー! (7月19日 20時) (レス) id: 824a951334 (このIDを非表示/違反報告)
@Kento - そうなんですね!!仲良くしませんか? (7月19日 19時) (レス) id: 367f723e61 (このIDを非表示/違反報告)
くらげ(プロフ) - @Kentoさん» 私もしてませんよー! (7月18日 23時) (レス) id: 824a951334 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:くらげ | 作成日時:2019年5月19日 7時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。