占いツクール
検索窓
今日:33 hit、昨日:70 hit、合計:8,860 hit

☆3☆ ページ4

.









「あれ〜?逃げられちゃったみたいだネ笑」


『....月島』


「大変だねぇ〜生徒会長って笑 そんなことまでやらなきゃいけないなんて。」


『ヘッドフォン外す気になった? 』


「はぁ。まだ言ってるよ。いい加減諦めなよね。」


『校則は守るためにある! 』


「別に書いてないよね?ヘッドフォン首にかけちゃダメとか」







だとしても。

見た目的に気に食わないというか。

学校に持って来る必要がないんだし。

特進クラスとしてどうかと思う。






「....っと。」


『 うわっ..』





腕を引っ張られたと思ったら、

月島の胸元にダイブしていた。

どうやら、他の生徒にぶつかるとこだったらしい。




「ちゃんと周り見なきゃ〜会長さん。...ってあれ?顔赤いケド。」


『 ....っはぁ?』


「うっそ〜笑」


『 うざ!なんなのっ//』


「あ〜れ、ほんとに顔赤くなってるよ〜?もしかして照れてる?」






あぁ....こいつやっぱりむかつく。

というか、照れてないし。興味無い。



“ま、頑張りなよ”と私の肩を叩くと、

教室に入っていった。









.

☆4☆→←☆2☆



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (27 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
85人がお気に入り
設定キーワード:ハイキュー , 月島蛍 , 及川徹   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:わらびもち | 作成日時:2020年1月13日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。