検索窓
今日:1 hit、昨日:18 hit、合計:7,633 hit
現世に時間遡行軍が現れるようになった。


時の政府は一部の本丸を<政府指定本丸>としてそこを治める審神者へ時間遡行軍への対応を命じた。


・常に誰か1人刀剣男士を傍に置くこと。
・人を守ることを第一に動くこと。


政府指定本丸の審神者はこの2つを念頭に置き時間遡行軍を倒すこととなった。


-----------------------------

『合宿かぁ…なんか冷静になって考えたら凄いことになってるなぁ…』

加州)『ね〜』

『まぁ本丸だと刀剣男士皆キャラ濃いし私が目立つことも無いでしょ』

加州)『ここでは、ね?』

『強調するのやめて??あ、そろそろ練習始まる」

━━━━━━━━━━━━━━━

はじめまして、もしくはこんにちは!たまごと申します!

この作品は続編となっておりますので、よければ前作を読んでいただけたら幸いです!

前作:http://uranai.nosv.org/u.php/novel/ruka01202/執筆状態:連載中

苗字、あだ名の設定が可能 (設定する)未設定 設定を行う場合はこちらをクリック












test
test

おもしろ度の評価
  • Currently 9.92/10

点数: 9.9/10 (26 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
159人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:たまご | 作成日時:2022年9月5日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。