占いツクール
検索窓
今日:16 hit、昨日:255 hit、合計:49,304 hit

★模倣 ページ42

私に突きつけられた二択。
ここでSansに殺されるか、Inkを殺すか。
脳ミソをフル稼働させて他の選択肢を探すが、頭が真っ白になってしまう。

「早く決めろ。死ぬか、殺すか。」
Sansは私に向けた骨をさらにぐいっと近づけてきた。

……待てよ?この骨も魔法なら…
私でも、使えるかも?
もうこれにかけるしかない。出来なかったら、即ち死だ。

出来る、出来る、出来る。
私は目を瞑り目の前にある骨を強くイメージした。

「お前、何をする気だ……ッ…!!」
Sansがそう言いかけたとき、私の胸の辺りがクリーム色に光りだした。
Sansは衝撃波で吹き飛ばされる。

「えっ…え?」
自分でも何が起きたかわからない。何かを握った感触がある左手を見ると、その手には先程までSansが私に向けていたものにそっくりな骨が握られていた。

そして、目の前にはクリーム色の私のソウル。さっき光っていたのはこれか。


「お前のソウルの色は…モンスターの白に近い。だから…モンスターの魔法をコピーして使うことが出来るってことだな。さしずめ“模倣”のソウルと言ったところか。」
茂みの中から吹き飛ばされたSansが戻ってきた。先程より強くなった殺気を纏って。

私はソウルをしまい、骨を構えた。
「そっちがその気なら…私も容赦しないから!」
この力があれば、戦える。今は戦わなくちゃいけない時だ。

「へっ…このオレに立ち向かうなんて…そんなに死にたいのか?」


「なら、望み通りに殺してやるよ!!!」

私に向かって鋭い骨が飛んでくる。
防がなきゃ…!
私はInkの絵の具の盾を思い浮かべた。
右手に筆が現れる。それで盾を描き、骨を防いだ。

…とおもいきや、その壁を切り裂いてSansが突っ込んできた。
Sansが振りかざしてきた骨を左手の骨で受け止める。

「っ…うっ…」
でも力は圧倒的にSansの方が上。私はあっという間に押し負けそうになる。
「どうした…?それで終わりかっ!?」

「それなら…!」
私はErrorの青い糸をイメージした。
右手から青い糸が伸びる。
「ッ何!?」

それはSansを絡めとってそのまま伸び、後ろにあった木に彼を縛り付けた。

Sansは骨でその糸を切る。
「ハハッ…なかなかやるな。面白くなってきたぜ。」

どうしよう…どの魔法も通じない。
何か他にいい魔法はないの!?

★敵わない→←★才能



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (79 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
66人がお気に入り
設定キーワード:Undertale , Sans
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ウォーター - 作者様ばんざい!!! (8月9日 5時) (レス) id: 72e668b58c (このIDを非表示/違反報告)
インク好き -   続編が出ること、とっっっっっっっっても嬉しいです! (8月5日 12時) (レス) id: 04f3e8aaa7 (このIDを非表示/違反報告)
いーある(プロフ) - ありがとうございます (6月23日 12時) (レス) id: 8362452570 (このIDを非表示/違反報告)
氷食家(プロフ) - いーあるさん» “ラストサンズ”ですよー! (6月23日 12時) (レス) id: 7b35d0ea6d (このIDを非表示/違反報告)
いーある(プロフ) - lustSansってどう読むんですか? (6月23日 12時) (レス) id: 8362452570 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:氷食家 | 作成日時:2017年12月17日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。