占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:0 hit、合計:13,841 hit

446、薮 宏太 ページ25

『こんばんは、宏太君。遅くなってゴメンね?』

「いやいや、皆に会ってきたんでしょ?俺が最後になるだろうな〜とは思ってたから。」

『流石執事長。ありがと。』

宏太君に促されて、宏太君の部屋に入る。

「紅茶でいい?…って、きくまでもないか。Aお嬢様は昔っから紅茶好きですもんね。」

『宏太君の淹れ方が上手かったからだよ。』

慣れた手つきで紅茶を淹れる宏太君を見てると、幼い頃の記憶と重なる。

『…本当に、宏太君には感謝してる。』

「え?」

『…いつも、冷静でいてくれて、嫌われ役になってくれて…。宏太君に何度も助けられた。』

「そう、ですかね?俺は自分のことで精一杯で…。」

目の前のテーブルに宏太君が淹れた紅茶が置かれる。

「俺、今でもちょっと迷ってるんですよ。」

『え。』

宏太君は割と協力的だったのに…今になってそんなことを…!?

…ていうか、紅茶滅茶苦茶美味しいんだけど!?

流石宏太君!!

「ああ、でも。反対とかじゃなくて。俺は山田のこともAお嬢様のことも昔から見てきましたから、お二人のことをよく知ってます。でも、Aお嬢様の義理のお父様と、お母様、お姉様がどんな性格か…Aお嬢様もよくわかっているでしょう?」

『…やっぱり宏太君は優しいね。涼介や私のことを信用してないんじゃない。一手、二手先まで予想して…私達が傷つかないように…そこを心配してくれてるんだ?』

「…Aお嬢様もだいぶ鋭くなられましたね。その通りですよ。」

昔からちょっと心配症っぽいところあったもんなぁ、宏太君。

「でもそんな心配いりませんでしたね。…今のAお嬢様の表情見てたら、なんの確証もないのに、大丈夫だって思えてきました。Aお嬢様ならきっと、お義父様とお義母様とお義姉様も説得できますね。」

宏太君は私と目を合わせて安心するあの笑顔で微笑んでくれた。

「…俺はずっと二人の味方だから。この言葉だけは、薮宏太として言わせて。頑張れ、A。」

…ああ、宏太君に呼び捨てで呼ばれるなんて、一体いつぶりだろう。

もしかしたらはじめてかもしれない。

私の記憶の中の宏太君はいつも敬語で、私のこともお嬢様としか呼んでくれなかった。

立場上、それが普通なんだけど…。

けれど、今はそう呼ばれたことがすごく嬉しかった。

『うん、ありがとう。宏太君。』

宏太君が淹れてくれた紅茶を飲んだら、勇気が湧いてきた気がした。

447、誕生日→←445、八乙女 光



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.1/10 (17 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
74人がお気に入り
設定キーワード:山田涼介 , Hey!Say!JUMP , SexyZone、中山優馬   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:さくらもち | 作成日時:2017年5月10日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。