検索窓
今日:1 hit、昨日:1 hit、合計:943 hit

❤️西畑の苗字もらってくれへん? ページ1

-Aside-
私と大ちゃんは付き合っている。
同棲も2年目と長続きしている。

「行ってきまーす!」
大「行ってらっしゃい気をつけてー」
「はーい!」



毎日と同じ日々。
大ちゃんは今日仕事が休みで、
羨ましい気持ちもちょっとは、ある。


━━━━━━━━━━━━━━━━


いつもどおり仕事を終わらせ、
定時に帰る。


帰りのコンビニで、
プリンを二つ買って家に帰る。


「ただいまー」
大「あ!お、おかえりー」
「?うん。」


「いただきまーす」
大「いただきます。」


今日の晩御飯は豚キムチ。
なぜか大ちゃんが作りたいと言って作ってくれた。


「ん〜おいひ〜」
大「ふふ、嬉しいわぁ」


ニコッと笑うその顔はとても愛おしく、
胸がドキドキと高鳴った。


「ごちそーさまー」
大「ごちそうさまでしたー」


いつもはしないのに、
どこか急いでいる大ちゃんが食器をさげてくれる。


これは…なにかあるな?



大ちゃんってこんなにわかりやすかったっけ。

浮気とか?でも大ちゃんは一途だよね。


じゃあなんなんだろ。。。


「ねーねー大ちゃん、今日ってなんかあったっけ。」
大「え?いや、わ、わからんわ〜ハハハ…」


わかりやすく焦る大ちゃんを見て、なにかあるなと
女の勘が働く。


大「あ、ちょっと待ってな?」
「わかった」


大ちゃん専用の引き出しから何かを出す大ちゃん。
そしてこっちにきて、
ひざまずく。


これってもしかして…?


この想像は、次の言葉によって確信へと変わった。


大「Aちゃん、俺と、結婚してもらえませんか。」
「えっ…」
大「えと、だから、西畑の苗字もらってくれへん?」

じわっと目に膜がはり、
鼻の奥がツンと痛くなる。

「はい、喜んで!」

大「わわ!泣かんといてやぁ!」
「だって、嬉しくて、ぅ、」
大「これからも、末永くよろしくな」
「うん!」

🧡俺にしーや。→



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (4 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2人がお気に入り
設定タグ:なにわ男子 , 短編小説   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:檸檬の妹 | 作成日時:2022年8月6日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。