占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:8 hit、合計:1,733 hit

7 ページ7

7:慳 雅尋


六人は、校長室を出た。慳遒蓮∪宮と浅見と一緒に歩いた。

「慳遒んとナリは、どうするの?」

浅見は、首をかしげた。慳遒蓮△Α爾鵝△版困燹

「なんか、よくわからないなー」

突然のことで、何のことかわからない、と慳遒呂弔韻燭靴拭

「ねえ、みなさん」

前を歩いていた、男子生徒が振り向いた。

「入るか入らないかは別として、自己紹介しません?…俺は、広瀬 周。八年生で、炎の能力者で

す」

「藤堂 咲です!周くんと同じ、八年生です。水の能力が使えます」

どうやら、二人は仲が良いようだ。

「あたしは望月 ルナ(もちずき るな)。七年生よ。風の能力です」

唯一の女子生徒、ルナが列の後ろから声をかけた。

「慳 雅尋、六年生です。能力は、地です」

慳遒鰐世襪言った。

「浅見 悠です。五年生で、氷の能力です。あさみんって呼んでください!」

「成宮です。五年生で、雷の能力です」

「俺、成宮くんと一緒に、校長室に行ったんだ!」

藤堂は、嬉しそうに言った。

「え、ナリそうなの?」

以外な組み合わせだったので、慳遒亙垢返した。成宮は慳遒鱒いた。

「ナリっていうの?可愛いあだ名だね」

藤堂は、成宮に興味があるのか、話しかけてくる。

「咲くん、聞きすぎだよ」

広瀬は呆れて藤堂を止める。

「でも・・・どうして、あたし達が選ばれたのかな?」

ルナの質問に、一同は黙り込んだ。

「能力が優れているから・・・とか?」

慳遒口を開いた。

「ああ・・・。たしかに、みんな違う能力だよね」

広瀬はうなずいた。

「軍隊ねえ…」

浅見が、ふうっと息をついた。

「ま、何とかなるでしょ!俺は、寮に戻るよ」

藤堂は言った。

一日の授業をすべて終えたところだったので、夕食までの時間は、自由に過ごしていいことになっ

ている。

藤堂は、広瀬を連れて寮に戻った。

慳遒癲∪宮と浅見とともに、ゲリムの寮に戻った。

8→←6


ラッキーアイテム

革ベルト

ラッキーカラー

あずきいろ


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.3/10 (9 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
4人がお気に入り
設定キーワード:能力 , 戦闘 , 学園   
作品ジャンル:ファンタジー, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

白木里沙(プロフ) - おう、楽しみにしとくぜ、青野を☆ (8月28日 22時) (レス) id: 69bdcdfefa (このIDを非表示/違反報告)
藤宮伶 - 白木里沙さん» ありがとう!楽しみにしててね!慳遒髻 (8月28日 14時) (レス) id: 21132432c2 (このIDを非表示/違反報告)
白木里沙(プロフ) - 藤宮伶さん» おお、青野楽しみにしてるぜ☆ 更新スピードは気にしない!! (8月25日 19時) (レス) id: 69bdcdfefa (このIDを非表示/違反報告)
藤宮伶 - 白木里沙さん» 次の次ぐらいには、慳扈个擦襪も・・・!更新、遅くなるかもしれないけど、待っててね!   私も慳遒鮟颪のは楽しいから、出したいんだけどね(笑 (8月23日 11時) (レス) id: 21132432c2 (このIDを非表示/違反報告)
白木里沙(プロフ) - 藤宮伶さん» 青野ぉぉぉぉぉっぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉお!!!!!!! 私の…推し…アァァ…←  大丈夫、楽しみに待ってます(´・ω・`) (8月21日 13時) (レス) id: 69bdcdfefa (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:藤宮伶 | 作成日時:2017年6月25日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。