占いツクール
検索窓
今日:32 hit、昨日:3 hit、合計:2,113 hit

46 ページ46

20:藤堂 咲


藤堂は、頭が真っ白になった。『わが親友』・・・?


「私が忘れるとでも思ったか?拓也を殺した、お前を」


「え・・・?」


佐々木ははっきりと、拓也といった。こいつが、父さんを殺した…!


腹の底から、怒りがわき上がってきた。


「このこは、拓也の息子だよ。気づかなかったのかい?」


佐々木は野田から離れ、藤堂の肩に手を置いた。そして、部屋の奥に倒れている、成宮に気がつい


た。


「おっと・・・。決着をつける前に、手当をしないと」


佐々木は成宮に駆け寄った。


「先生、僕がやります」


藤堂も、成宮のもとに行った。


成宮は、さっきよりもぐったりとしていた。額には、汗が浮かんでいる。


藤堂は、成宮の傷口に手を当てた。そして、息を吸うと、呼吸をするように歌った。


すると、傷口は徐々にふさがっていった。血で染まっていたシャツや床も、元通りになっていく。


佐々木は、目を見開いた。


「まさか・・・!」


傷口が完全にふさがると、藤堂は口を閉じた。


「癒しの力・・・です」


藤堂は、立ち上がった。


「あんたが、父さんを殺したのか」


そして、正面から野田を睨みつけた。


「お待ちください!」


当然、藤堂の目の前に何かが姿を現した。


「アドル・・・っ」


現れた妖精は、藤堂にお辞儀した。


「私は、藤堂 咲のしもべです。・・・全ての真実を、私に聞かせてください」


佐々木は、ため息をついた。


「わかった。全て話そう・・・」

47→←45


  • 金 運: ★☆☆☆☆
  • 恋愛運: ★★★☆☆
  • 健康運: ★★★★★
  • 全体運: ★★★☆☆

ラッキーアイテム

革ベルト

ラッキーカラー

あずきいろ


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.3/10 (9 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
4人がお気に入り
設定キーワード:能力 , 戦闘 , 学園   
作品ジャンル:ファンタジー, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

白木里沙(プロフ) - おう、楽しみにしとくぜ、青野を☆ (8月28日 22時) (レス) id: 69bdcdfefa (このIDを非表示/違反報告)
藤宮伶 - 白木里沙さん» ありがとう!楽しみにしててね!慳遒髻 (8月28日 14時) (レス) id: 21132432c2 (このIDを非表示/違反報告)
白木里沙(プロフ) - 藤宮伶さん» おお、青野楽しみにしてるぜ☆ 更新スピードは気にしない!! (8月25日 19時) (レス) id: 69bdcdfefa (このIDを非表示/違反報告)
藤宮伶 - 白木里沙さん» 次の次ぐらいには、慳扈个擦襪も・・・!更新、遅くなるかもしれないけど、待っててね!   私も慳遒鮟颪のは楽しいから、出したいんだけどね(笑 (8月23日 11時) (レス) id: 21132432c2 (このIDを非表示/違反報告)
白木里沙(プロフ) - 藤宮伶さん» 青野ぉぉぉぉぉっぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉお!!!!!!! 私の…推し…アァァ…←  大丈夫、楽しみに待ってます(´・ω・`) (8月21日 13時) (レス) id: 69bdcdfefa (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:藤宮伶 | 作成日時:2017年6月25日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。