占いツクール
検索窓
今日:28 hit、昨日:3 hit、合計:2,109 hit

39 ページ39

13:藤堂 咲


佐々木は、机の引き出しに手をかけた。それから、二人を見ていたずらをする子供のような、笑顔


を見せた。


「君たちに見せたことは内緒。・・・いいね?」


藤堂と広瀬が頷くのを見てから、佐々木は、引き出しから何かを取り出した。それは、写真と古い


紙だった。


「もう、だいぶ時間がたっているからね。・・・これが、写真だよ」


佐々木は、写真を藤堂に渡した。その写真には、男子生徒が四人と、女子生徒が一人が写ってい


た。


「これが、君のお父さんだよ」


佐々木は、真ん中でにっこりと笑っている、男子生徒を指さした。


「そして、こっちがお母さんで、これが私」


藤堂は、写真を食い入るように見つめた。


「騎士団のなかに、光の能力者はいたんですか?」


広瀬は、本題に入った。


「うん、いたよ」


佐々木は、彼の隣でほほ笑んでいる、男子生徒を指さした。


「彼がそうだった。光の力で、氷崎氏と戦ったんだ。・・・でもね、一度で強い力を使ってしまっ


たせいで、十七歳で亡くなったよ」


佐々木は、男子生徒の頭を、愛おしそうになでた。


佐々木は、古い紙を広瀬に渡した。紙には、十数人の名前が書いてあった。


「中心になっていたのが、写真に写っていた、五人。その他のメンバーもいたんだ」


名前の中に、見覚えのある名前があった。


河谷 昭雄。校長だ。


「この人は、私の同級生だ。今はどうしているか、知らないけど。・・・日本で一番強い能力者


だって言われている。中心にいたけど、写真に写るのが嫌いだったんだ」


佐々木は、相沢という名前を指さした。


「さて、そろそろ校長が帰ってくる時間だ」


佐々木は、写真と名簿を受け取ると、引き出しの中にしまった。

40→←38


  • 金 運: ★☆☆☆☆
  • 恋愛運: ★★★☆☆
  • 健康運: ★★★★★
  • 全体運: ★★★☆☆

ラッキーアイテム

革ベルト

ラッキーカラー

あずきいろ


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.3/10 (9 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
4人がお気に入り
設定キーワード:能力 , 戦闘 , 学園   
作品ジャンル:ファンタジー, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

白木里沙(プロフ) - おう、楽しみにしとくぜ、青野を☆ (8月28日 22時) (レス) id: 69bdcdfefa (このIDを非表示/違反報告)
藤宮伶 - 白木里沙さん» ありがとう!楽しみにしててね!慳遒髻 (8月28日 14時) (レス) id: 21132432c2 (このIDを非表示/違反報告)
白木里沙(プロフ) - 藤宮伶さん» おお、青野楽しみにしてるぜ☆ 更新スピードは気にしない!! (8月25日 19時) (レス) id: 69bdcdfefa (このIDを非表示/違反報告)
藤宮伶 - 白木里沙さん» 次の次ぐらいには、慳扈个擦襪も・・・!更新、遅くなるかもしれないけど、待っててね!   私も慳遒鮟颪のは楽しいから、出したいんだけどね(笑 (8月23日 11時) (レス) id: 21132432c2 (このIDを非表示/違反報告)
白木里沙(プロフ) - 藤宮伶さん» 青野ぉぉぉぉぉっぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉお!!!!!!! 私の…推し…アァァ…←  大丈夫、楽しみに待ってます(´・ω・`) (8月21日 13時) (レス) id: 69bdcdfefa (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:藤宮伶 | 作成日時:2017年6月25日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。