占いツクール
検索窓
今日:178 hit、昨日:197 hit、合計:115,123 hit

side M ページ24

「ね、キタミツ・・」

「・・・ん?」



あのあと仕事のある、横尾さんと、ニカセンたちは、名残惜しそうに帰っていってしまったけれど、
俺と玉は、キタミツのことが心配で、まだ部屋に残っていた



「俺さ・・玉のこと好きなんだ」

「は?」

「え?」


玉とキタミツが同時に声を上げた


「キモイ?」

「いや・・全然・・そんなことねーから」

「俺・・もし玉に何かあったら・・すごく辛いし、多分一生忘れない」

「宮田・・?」

「でもさ・・・もし、自分がどんな姿であっても・・玉が辛いときは、側にいたいし、側にいてあげたいって思う。自分が辛いときも、側にいて欲しいって思う」


「・・・」

「好きだから」

「お前・・」

「ねぇ、それだけじゃダメなのかな?」

「宮田、おま」

「好きだから、側にいてあげるだけじゃ・・ダメなのかな・・?」





熱くなった俺を宥めるように、玉が俺の肩をやさしく抱いてくれた
泣かないキタミツが、痛々しくて、俺は涙を抑えられなかった


「ごめん、ミツ・・ちょっとアレだからさ・・また来るね」



そういって、玉は俺をやさしくドアのほうへと促した




「なぁ、宮田、玉・・・」

「ん?」

「俺さ・・・」

「うん」



背中に感じた声に振りかえると、
俺達のほうを見たキタミツの大きな瞳は、不安げに揺れていた

その、ふっくらとした唇はいつもより乾いていて、少し荒れていた

そこが紡ぐ音は、いつだって明るくて美しい音色だったはずなのに




”俺さ、藤ヶ谷には、会えないよ・・”




そういったキタミツは、ぎゅっと自分の肩を抱いた


その姿は、俺達が知っているどんなキタミツよりも

ひどく辛そうだった

side Y→←side S



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (184 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
454人がお気に入り
設定キーワード:キスマイ , 藤北 , 宮玉ニカセン
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ピンクピーチ(プロフ) - あこさま!いつも温かいメッセージありがとうございます!励みにさせてもらってます!!もう少しで幸せな二人編に突入するので、もう少し頑張ります^_^ (11月15日 15時) (レス) id: f1b41ec3ce (このIDを非表示/違反報告)
あこ(プロフ) - こんにちは!更新されるたびに泣きながら読んでます。みんなの心の傷が癒えてふたりがしあわせな時間を早く過ごせることを願ってます。ピンクピーチさまもしんどい部分の更新大変だと思いますががんばってください!応援しております^^! (11月15日 14時) (レス) id: c75777a11f (このIDを非表示/違反報告)
ピンクピーチ(プロフ) - みってぃーさん» はじめまして^_^日課にしていただけて大変光栄です!そして、温かいお言葉!こちらこそ泣きながら読ませていただきます!!これからも、更新励みますので、良ければ読んでやってください★ (11月11日 18時) (レス) id: f1b41ec3ce (このIDを非表示/違反報告)
みってぃー(プロフ) - いつも更新ありがとうございます!毎日更新されているか確認するのが日課になってます。そして、更新された話をここ最近泣きながら読んでいます。作者様の作品はどれも心に刺さるものばかりで尊敬しています。大変だと思いますが更新頑張ってくださいね。 (11月11日 17時) (レス) id: 4e432f1ab1 (このIDを非表示/違反報告)
ピンクピーチ(プロフ) - キスマイさん» ご愛読ありがとうございます!これからは、藤北以外のメンバーの心情も複雑に絡みながら展開していきます…また楽しんでいただけたら、嬉しいです^_^ (10月27日 10時) (レス) id: f1b41ec3ce (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ピンクピーチ | 作成日時:2019年10月23日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。