占いツクール
検索窓
今日:540 hit、昨日:627 hit、合計:80,758 hit

141 ページ41

「私とキスするのは貴方じゃない」




三尋「うん、でもいいじゃん…」







三尋くんの顔は少し悲しそうだった。

そんな貴方のことを振りほどくことなんてできない









「…!」



三尋「……好きだよ」









私達は約1年ぶりにキスを交わした。




懐かしい感覚と…甘すぎる頭の中



私の思考は全部、持っていかれた。









三尋「なんで…俺じゃダメなんだろうな…」









ダメじゃない…ダメじゃないの!


私だって…ずっとずっと…









「…私、三尋くんに釣り合う人になりたかったの」









あまりにもスルッと零れた本音に驚いた。








三尋「…ばか」








もう一度重なる唇に心が踊る。









好き…好き…大好き


永遠に流れるこの言葉に嘘なんてつけない
だってこれは恋だから



三尋くんが大切だから




初めから無理だったんだ…


三尋くんに好きじゃないふりをするなんて









三尋「俺…ずっとずっと待ってた。紫乃ちゃんが忘れられない、多分この先も…こんなに好きになった人いないんだよ」





涙が零れた。






私の心の何かが溶けて
暖かい気持ちになった。





この先に起こる出来事なんて分からない…

だけどこの人だけは悲しませたくない








「私だって…忘れた事なんて1度もない…!!」









「…会いたかった」

142→←140



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (93 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
213人がお気に入り
設定キーワード:アイドル , 推し , オタク   
作品ジャンル:恋愛, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

幸都 - ララちゃんと石田くんの掛け合いがツボです笑ララちゃん良い子…これからも頑張ってください! (12月31日 15時) (レス) id: b3bc92b9f6 (このIDを非表示/違反報告)
EP - ララちゃんツンデレ!可愛い!!!!! (12月20日 13時) (レス) id: 30eb6266bb (このIDを非表示/違反報告)
▼あまね△(プロフ) - ララちゃん、根は異常なほどいいやつですよね!!!!絶対そう見える!ツンツンしてるだけですな! (12月20日 8時) (レス) id: 465595c8b1 (このIDを非表示/違反報告)
▼あまね△(プロフ) - ララちゃん、根は異常なほどいいやつですよね!!!!絶対そう見える!ツンツンしてるだけですよね! (12月20日 8時) (レス) id: 465595c8b1 (このIDを非表示/違反報告)
(*…*) - つ、ついに三尋が辞めるって言い出した!私的にはやめてほしくない… (12月17日 22時) (レス) id: a724e61091 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:セピカ | 作成日時:2020年11月5日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。