占いツクール
検索窓
今日:355 hit、昨日:627 hit、合計:80,573 hit

115 ページ15

「…え?」





この人が…?
あの時三尋くんが言っていた人?

でも、あの時見た写真の人はこの人じゃない…








ララ「やっぱり伊織は分かってくれるのね!」




伊織「…分かんなかったよ、声を聞くまで」







2人の空気感はとても差があって、頭の中で色んなことが混ざりあってわからなくなった。





「…ララさんは私の事知ってたんですか?」




ララ「知ってたわ、あの家に出入りしている人間は常にチェックしてたからね」









―――ゾッッッッ!!!!


足先から震えが来た。
この人は全部見てたって事?






「…な、なんで…出ていったんじゃ…」






震えた声で私は疑問をぶつけた。







ララ「私はLoveMAXと撮られそうになったから仕方なく出ていっただけよ、みんなにはファンに申し訳ないから〜ってことにしてあったけど」





「あ、あなたLoveMAXのファンなんですか?」







ララ「ファン…?あははっ!やめてよ!」








ララさんは不気味に笑いだした。
壊れた人形みたいに





ララ「私はオタクの群れの中の1人じゃない!!!私はLoveMAXに愛されている!特別な子なのよ!」







特別って…






伊織「いい加減にしろよ!ていうかなんだよ…
別人みたいになって…」







「…別人みたい?」






私は嘲笑うララさんの顔を見た。









ララ「あははぁー笑」









ララ「だって私…整形したんだもの」

116→←114



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (93 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
213人がお気に入り
設定キーワード:アイドル , 推し , オタク   
作品ジャンル:恋愛, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

幸都 - ララちゃんと石田くんの掛け合いがツボです笑ララちゃん良い子…これからも頑張ってください! (12月31日 15時) (レス) id: b3bc92b9f6 (このIDを非表示/違反報告)
EP - ララちゃんツンデレ!可愛い!!!!! (12月20日 13時) (レス) id: 30eb6266bb (このIDを非表示/違反報告)
▼あまね△(プロフ) - ララちゃん、根は異常なほどいいやつですよね!!!!絶対そう見える!ツンツンしてるだけですな! (12月20日 8時) (レス) id: 465595c8b1 (このIDを非表示/違反報告)
▼あまね△(プロフ) - ララちゃん、根は異常なほどいいやつですよね!!!!絶対そう見える!ツンツンしてるだけですよね! (12月20日 8時) (レス) id: 465595c8b1 (このIDを非表示/違反報告)
(*…*) - つ、ついに三尋が辞めるって言い出した!私的にはやめてほしくない… (12月17日 22時) (レス) id: a724e61091 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:セピカ | 作成日時:2020年11月5日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。