検索窓
今日:1 hit、昨日:5 hit、合計:7,484 hit

_2 ページ2






「では改めて この店の看板美容師の宮舘涼太です」




自分で看板って言っちゃうんだ





てかなんか薔薇咲いてない?すっごいキラキラなエフェクとついてるように見えるんだけど??




なんか……貴族って感じ??




「…AAです」




「Aちゃんね」




おぅ… いきなり名前呼びですか……




「いろいろ物の場所とか簡単におしえるね」

「はい!」




いよいよバイトが始まる!!




「えっとー ここの棚に染め粉とかおいてあってぇ…」

「そこの棚に染め粉ですね…」




とりあえずメモメも…




あれ?




そう言えば店長さんとか他のスタッフさんとかいないのかな…




見渡すかぎり宮舘さんしか居ない気が…





そんなことを思いながらお店の中をキョロキョロ見渡していると




「なんかきになることでもあった?」




宮舘さんに声をかけられた




「あ、いや店長さんとかスタッフさんらしき人が見当たらないな〜っておもいまして……」

「あぁ、言ってなかったね店長は専門学校の講師もやってて今日はスタッフも付き添ってるから今お店には俺しかいないんだよ」

「なるほど」




店長さんすごい人なんだ!どんなひとだろ……?




宮舘さんかっこいいから店長さんもかっこよかったり??




「帰ってきたらみんな紹介するね」

「わかりました」

「もうそろそろ帰ってきていい頃だと思うけどなぁ…」




なんて宮舘さんが時計を見ながらそう呟いた

_3→←_1



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (35 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
199人がお気に入り
設定タグ:宮舘涼太 , SnowMan
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

a - オリフラたってますよ... (4月18日 15時) (レス) id: ce3d0b0ff1 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:reo | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2024年4月15日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。