占いツクール
検索窓
今日:32 hit、昨日:11 hit、合計:7,268 hit

7話 違和感 ページ9

翌朝。

A「チアキー...。」

そーっと、チアキの部屋のドアをノックする。

いつもより元気のない音が響く。

チアキ「...。」

昨日と同じで、下を向き、黙ったままのチアキが出てきた。

A「チアキ、学校いこ。」

笑顔を作ってみる。

チアキ「ごめん、今日は一人で行く。」

一人...で?

え、じゃあ私、今日徹底的にぼっち??

A「ちょっと、チアキ!!」

呼び止めてみるも、チアキはそそくさ、と私の前から離れていってしまった。


「チアキ…。」「チアキー!!」「チアキ〜。」

今日だけで何回、チアキの名前を呼んだだろうか。

一日中、チアキを探しては声をかけ続けた。

そして、全て無視された。

寂しいな…。

今までなら、朝に話して、昼休みに話して、忘れ物したら借りに言ったりとかして…。

考え直してみれば、かなりチアキと関わってたんだなって思う。

それが、一人になったとたん、こんなに悲しくなるものなのか。


クラスメイト「あの、Aさん…。」

A「あっ、何でしょう。」

考え込みすぎて放課後の教室にいることを忘れていた。

周りを見ると、教室に残っていたのは私と話しかけてきたクラスメイトだけだった。

クラスメイト「えと、戸締まりしたいので、あの、で、出て…ほしくて…。」

A「あっ、迷惑だったよね、ごめん!」

...なんか違和感があった。

なんの違和感だろう…?


彼女と教室を出て、迷惑かけちゃったから鍵は私が職員室に持っていくよ、と言った。

(Y学園に鍵を持っていく係とかないと思います…。作者の捏造です。)

しかし、彼女は自分で持っていくと断固拒否するので、一緒に持っていくことになった。

クラスメイト「あの、なんで蛇山君と一緒にいるんですか?」

チアキのこと、知ってるのかな?

A「いや、一応幼なじみだし。チアキのこと知ってるの?」

クラスメイト「お、幼なじみ...?!あの、だとしても離れた方がいいですよ...!」

何この子。ちょっと失礼じゃない?

A「...チアキなんか悪いことした?」

不機嫌なことがバレバレな声色で言ってしまった。

こんなんだから友達が出来ないんだな...。

クラスメイト「い、いや、だって、マフィアですよ?危なくないですか?」

恐る恐る、と言った感じで言ってくる。

そこで、さっきの違和感に気づいた。

あぁ、そうだ。この子はいつもクラスの子と話している時はもっと元気そうに話しているんだ。

もしかして私、怖がられてる?

8話 怒り→←6話 相談



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (30 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
38人がお気に入り
設定キーワード:妖怪学園Y , 蛇山チアキ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

咲代(プロフ) - 天さん» ありがとうございます!!頑張ります〜!! (2時間前) (レス) id: e37cac3f41 (このIDを非表示/違反報告)
- 面白いです! 投稿頑張ってください! (8時間前) (レス) id: 9b7d3c2801 (このIDを非表示/違反報告)
咲代(プロフ) - アリスさん» はじめまして〜♪ありがとうございます!!嬉しいです!モチベ上がったんで更新頑張ります! (1月6日 7時) (レス) id: e37cac3f41 (このIDを非表示/違反報告)
アリス - はじめまして!これからも応援してます!更新頑張ってください♪ (1月6日 6時) (レス) id: 76d2fea91c (このIDを非表示/違反報告)
咲代(プロフ) - 彼方さん» ありがとうございます!!更新頑張ります!(`・ω・´) (12月26日 7時) (レス) id: e37cac3f41 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:咲代 | 作成日時:2020年11月8日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。