占いツクール
検索窓
今日:32 hit、昨日:11 hit、合計:7,268 hit

5話 無視 ページ7

Aside

…チアキが、なんかちょっと冷たい。

さっきからずっとなに言っても無視されてしまう。

もしかして、友達が出来ないことを気付かれたかな?!

ぼっち哀れだな〜って思われてる感じかな?!

だとしたらヤバい。

チアキに呆れられて、もうAといる必要なくね?とか思われたら人生の終わりだ。

早急に友達つくって、ぼっち脱出しなきゃ!


A「チアキー。」

昼休み。

どうしても話したくて、結局チアキのクラスに来てしまった。

チアキ「…っ。」

教室の戸からひょこ、と顔を出してみたら、ちょうど目の前にチアキがいた。

一瞬、動揺したように見えたが、何事もなかったかのように私の横を過ぎ去っていく。

…なんでぇぇぇぇ?!

A「チアキ、ちょっとまって!私、なんかしちゃった…?それなら、教えて?」

スタスタと、クールに廊下を歩いていこうとしたチアキを後ろから呼び止める。

チアキ「なんでも、ない。ほっといて。」

そのまま、チアキは廊下を走っていった。

…いや、走ってないな。超高速の早歩きで移動してる。

廊下は走っちゃダメだもんね。

ちゃんとルールは守る、みたいな、素直で純粋に綺麗なチアキが好きだ。

と、再認識させられる。

私、ほんとに何しちゃったんだろう。

あの言い方は、なんでもないはずがない。



チアキside

昼休み。

今日は特にすることもないから、ノーズのとこに行こっかな、と思い教室を出ようとした。

A「チアキー。」

ひょこっ。

開いていた教室の戸からAの顔が出てきた。

チアキ「…っ。」

Aに会わないようにノーズのとこ行こうとしてたのに。

まさかAの方から来るなんて。

少し驚いて焦る。

でも、このままいたらAと話すことになっちゃう。

そしたら、Aにそっけなくできない自信がある。

絶対、Aと話したら嬉しさのあまり笑顔になる。

即座に脳を回転させ、冷静を取り繕ってAの横を通り過ぎた。

ごめんね。

僕は今にも泣きそうだ。

A「チアキ、ちょっとまって!私、なんかしちゃった…?それなら、教えて?」

後ろからの、僕を呼び止める声。

こんな態度を取られてるのに、優しく僕に話しかけるA。

なんでそんなに優しいの?

チアキ「なんでも、ない。ほっといて。」

もう取り返しのつかないような発言。

僕はそのまま廊下を出来る限り早く移動していった。

僕の目には、悲しみの結晶が浮かんでいた。

6話 相談→←4話 最善策



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (30 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
38人がお気に入り
設定キーワード:妖怪学園Y , 蛇山チアキ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

咲代(プロフ) - 天さん» ありがとうございます!!頑張ります〜!! (4時間前) (レス) id: e37cac3f41 (このIDを非表示/違反報告)
- 面白いです! 投稿頑張ってください! (9時間前) (レス) id: 9b7d3c2801 (このIDを非表示/違反報告)
咲代(プロフ) - アリスさん» はじめまして〜♪ありがとうございます!!嬉しいです!モチベ上がったんで更新頑張ります! (1月6日 7時) (レス) id: e37cac3f41 (このIDを非表示/違反報告)
アリス - はじめまして!これからも応援してます!更新頑張ってください♪ (1月6日 6時) (レス) id: 76d2fea91c (このIDを非表示/違反報告)
咲代(プロフ) - 彼方さん» ありがとうございます!!更新頑張ります!(`・ω・´) (12月26日 7時) (レス) id: e37cac3f41 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:咲代 | 作成日時:2020年11月8日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。