占いツクール
検索窓
今日:47 hit、昨日:110 hit、合計:7,543 hit

1話 日常 ページ3

A「チアキー。居るかー?」

私はチアキの部屋の扉を叩く。

木製の古っぽい扉はコンコンっ、と、リズムの良い音を鳴らした。

チアキ「んー、居るからちょっと待ってて。」

数秒経って、チアキが出てきた。

A「遅い。もっと早く出てきてよー。」

チアキ「いやいや、今約束してた時間の10分前だよ?それで遅いとか鬼畜すぎっしょ。」



蛇山チアキ。彼は小学校から友達だった。

でも、いつの日か、忽然と姿を消してしまった。

そんな私たちが再会したのは去年。

Y学園に入学した私は、奇跡的にチアキと同じクラスになり、再会を果たした。

それからはほぼ毎日、一緒に登校している。

チアキには友達が少ないみたいだしねー。

私が友達になってあげないとねー。



チアキ「ねぇ、今なんか失礼なこと考えてない?」

ジト目のチアキが聞いてくる。可愛いなぁ。

A「そんなことあるわけないじゃん。ほら、行こ。」

可愛い可愛いチアキを引っ張っていく。

チアキ「絶対、考えてたっしょ…。」

…何かつぶやかれたが、聴こえてなかったことにしておこう。



チアキ「んじゃ、ここで。」

A「うん、じゃね。」

学校に着いた私たちは、廊下で別れた。

残念なことに、チアキとは同じクラスではないのだ。

クラス替えなんてなければ、チアキと同じクラスのままだったのに。

くたばってしまえ、クラス替え。

今更文句を言っても、もう遅いのだが。

教室に入り、自分の席に向かう。

誰からも挨拶をされない。

…そう、私も友達が少ないのだ。

ましてや、クラス替え後のクラスには話せる人すらいない。

人見知りではないんだけど、自分から話しかけるのも面倒に思ってしまう。

周りの人も、私に話しかけてこないし。

というか、避けられてる気がするのは気のせいかな…。

そろそろ進級して2ヶ月が経とうとしているんだ。

友達の一人や二人、できてもいいだろう。

いい加減、休み時間ごとにチアキのクラスに行って話すのもどうかと思う。

チアキも迷惑だと思うし。

よし、今日は友達を作るのが最優先課題だな。



……そんなんで友達できたら苦労しないわな。

放課後。

結局誰にも話しかけられず、刻々と時だけが過ぎていってしまった。

それでも、一つ分かったことがあった。

それは、私は、確実にみんなに避けられてること。

避けられてる、というより、怖がられてるっぽいかな。

うーん、なんでだろ。

2話 日記→←設定



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (30 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
38人がお気に入り
設定キーワード:妖怪学園Y , 蛇山チアキ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

- はじめましてでしたね。馴れ馴れしくてすみません 。応援してます! (3月1日 21時) (レス) id: 9b7d3c2801 (このIDを非表示/違反報告)
咲代(プロフ) - 天さん» ありがとうございます!!頑張ります〜!! (2月28日 18時) (レス) id: e37cac3f41 (このIDを非表示/違反報告)
- 面白いです! 投稿頑張ってください! (2月28日 13時) (レス) id: 9b7d3c2801 (このIDを非表示/違反報告)
咲代(プロフ) - アリスさん» はじめまして〜♪ありがとうございます!!嬉しいです!モチベ上がったんで更新頑張ります! (1月6日 7時) (レス) id: e37cac3f41 (このIDを非表示/違反報告)
アリス - はじめまして!これからも応援してます!更新頑張ってください♪ (1月6日 6時) (レス) id: 76d2fea91c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:咲代 | 作成日時:2020年11月8日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。