占いツクール
検索窓
今日:32 hit、昨日:11 hit、合計:7,268 hit

9話 距離 ページ11

A「チアキ...!?」

私の顔面に相手の拳が当たる直前。

チアキが腕を掴んで防いでくれたらしい。

クラスメイト「ひっ...!」

クラスメイトはあからさまにチアキに怯えた。

失礼すぎない??

そんなにチアキって怖い?

チアキ「さっきから見てたけど、呆れるくらいに失礼なんだね。」

チアキの話し方は一見温厚だが、いつも一緒にいた私なら分かる。

相当、怒っている...!

クラスメイト「な、なんなのよ!もう!!」

焦ってその場から逃げ出すクラスメイト。

なんかもう、いかにも悪役な逃げ方で笑える。

チアキ「...A、大丈夫?」

...話しかけてくれた。

チアキから話しかけてくれたのはいつぶりだ?

とにかく、体感でいうと一年分くらい話してない気もする。

そんなわけはないけど。

それは置いといて、久しぶりのチアキの優しくて暖かい声に気が緩んだ。

そして、大粒の涙が私の目から零れた。

チアキ「えっ?!ちょ、どうしたの?!」

急に泣き始めた私に困惑を隠せていないチアキ。

チアキ「なんで、泣いてんの…?!そんなにさっきの人怖かった?!」

私もなんで泣いてるかわからない。

でも、クラスメイトに怯えて泣いているわけではないことは分かる。

A「ち、ちが、チアキが、話して、くれて…。」

泣きながら話すのは大変だ。

好きな人の前ですら、情けなくなってしまう。

A「嬉しかった、もう一生話せない、って思ってた、から。」

チアキ「…A。顔上げて。」

いつのまにか下を向いていた私にチアキが声をかける。

あぁ、ずっと聞きたかった声だ。

A、と自分の名前を呼ぶチアキの声は、本当にかっこいい。

声だけでご飯3杯いける。

くだらないことを考えながら顔を上げると、チアキがゆっくり抱きついてきた。

チアキ「ごめん、A。」

耳元で囁かれる。

私から、ゼロメートルの距離にいるチアキ。

いつもより近い距離に、思わずドキドキしてしまう。

チアキ「僕、Aの近くにいたでしょ。それだからAに友達が出来てなかった。」

チアキのせいで、友達が出来ていなかった…?

そんなはずがない。友達が出来ないのは私のせいだ。

違う、そうじゃない。そう反論しようとしたが、私が口を開く前にチアキが話し始めてしまった。

チアキ「Aも迷惑にしてるんじゃないかなって思ってた。だから、あまり関わらないようにしてた…。でも、それがAに寂しい思い、させちゃったみたいっしょ。」

10話 資格→←8話 怒り



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (30 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
38人がお気に入り
設定キーワード:妖怪学園Y , 蛇山チアキ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

咲代(プロフ) - 天さん» ありがとうございます!!頑張ります〜!! (4時間前) (レス) id: e37cac3f41 (このIDを非表示/違反報告)
- 面白いです! 投稿頑張ってください! (9時間前) (レス) id: 9b7d3c2801 (このIDを非表示/違反報告)
咲代(プロフ) - アリスさん» はじめまして〜♪ありがとうございます!!嬉しいです!モチベ上がったんで更新頑張ります! (1月6日 7時) (レス) id: e37cac3f41 (このIDを非表示/違反報告)
アリス - はじめまして!これからも応援してます!更新頑張ってください♪ (1月6日 6時) (レス) id: 76d2fea91c (このIDを非表示/違反報告)
咲代(プロフ) - 彼方さん» ありがとうございます!!更新頑張ります!(`・ω・´) (12月26日 7時) (レス) id: e37cac3f41 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:咲代 | 作成日時:2020年11月8日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。