占いツクール
検索窓
今日:32 hit、昨日:11 hit、合計:7,268 hit

プロローグ ページ1

A「ふんふんふーん♪」

今、私は家でテレビの前のソファに座り、クッションを抱き、鼻歌を歌っている。

見た通り、すごく気分がいい。なぜかって?

それは、時計を見ればわかると思う。

今日は金曜日。午後6時19分。

そう!もう少しで私が好きなアニメ、「妖怪学園Y」の放送が始まるの!!

そう、私、東堂Aは、かなりのオタクだ。

その中でも、「妖怪学園Y」はかなり好きな作品。

それに、いつもはこの時間に塾があってリアタイ出来ないけど、今日は塾ないからね!

リアタイで、ツイッ◯ーでフォロワーさんの反応見ながら観れる!

ついでに、今回は推しのチアキ君活躍回っぽいし!

なんて素晴らしいの!

今日、塾を休みにした塾長を褒めたい。

うほほほーい♪

ワクワクしている私は、この後あんなことになるなんて知る由もない。



バッ。

勢いよく目を開ける。

周りは知らない場所で、それでもパニックにはならなかった。

A「そうか、私…。」

何気なく呟く。

?「えぇ、貴方は亡くなってしまわれました。死因は覚えていますね?」

返答が来るとは思わなかったので少々驚く。

金髪で神聖な雰囲気を纏った人が私に聞いた。

きっと、神様とかだろう。

A「はい。」

鮮明に覚えている。

アニメを見ようとしていた私は、急に家に押し掛けてきた強盗に刺されてしまった。

そりゃあ、日本刀持って押しかけられたらなぁ…。

神「こんなにお若いのに可哀想に…。お悔やみ申し上げます。」

へぇ、神様もこんなこと言うんだ。

A「いえいえ、しょうがないと思いますよ。」

苦笑しながらも言う。

神「随分とサッパリしていらっしゃるのですね。気にしないのはいいことだと思いますが。」

笑顔で言われると、少し照れるな。

神「私たち神々はそんな貴方を、転生させたいのです。」

転生?!マジで?!

A「それって!好きな世界に行けたりできますか?!」

神「はい。それだと前世までの記憶は残りませんが、貴方を望む世界に転送させることもできます。」

記憶が残らないのか…。いや!それでも!

A「じゃあ、妖怪学園Yの世界に行きたいです!」

神「分かりました。それでは、貴方をその世界へ飛ばします。」

突如、私の足元が光りだす。

えっ?!もう行くの?!マジで?!

A「もしできたら、Y学園に入学したいですー!」

光に包まれながら、私は力の限り叫んだ。

そうして、私は、東堂Aは、その人生に、幕を閉じた。

設定→



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (30 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
38人がお気に入り
設定キーワード:妖怪学園Y , 蛇山チアキ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

咲代(プロフ) - 天さん» ありがとうございます!!頑張ります〜!! (4時間前) (レス) id: e37cac3f41 (このIDを非表示/違反報告)
- 面白いです! 投稿頑張ってください! (9時間前) (レス) id: 9b7d3c2801 (このIDを非表示/違反報告)
咲代(プロフ) - アリスさん» はじめまして〜♪ありがとうございます!!嬉しいです!モチベ上がったんで更新頑張ります! (1月6日 7時) (レス) id: e37cac3f41 (このIDを非表示/違反報告)
アリス - はじめまして!これからも応援してます!更新頑張ってください♪ (1月6日 6時) (レス) id: 76d2fea91c (このIDを非表示/違反報告)
咲代(プロフ) - 彼方さん» ありがとうございます!!更新頑張ります!(`・ω・´) (12月26日 7時) (レス) id: e37cac3f41 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:咲代 | 作成日時:2020年11月8日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。