占いツクール
検索窓
今日:8 hit、昨日:48 hit、合計:14,128 hit

I am dazzled by your charms(S) ページ5









sho side





適当だった。





いつでもどこでも俺が俺でいれる場所なんて地元の仲間と家族とメンバーの前くらいで。それが嫌だとか思ってない。むしろ幸せだと思ってた。だから衝撃だった。Aちゃんに出会ってから俺の人生180度変わったって言っても過言じゃない。







大袈裟だって廉は言うけど、だってさ、なんかいいなって思っちゃったんだよ。極々普通の女の子なんだけどさ、何かが特別勝ってるとか劣ってるとかそういうんじゃなくて、なんだろうね、言葉で表すのは難しいけど、俺の中では絶滅危惧種的な!そんな子なの。







「……え、」
「来ちゃった」
「……信じられない」
「俺も信じられない、まさか会えるなんて」
「だってこの海、私の海だし」
「え、所有権なんかあんの?」
「あります」
「やば!金持ち?」
「嘘に決まってるじゃないですか」
「なんだよ!」







本気で信じちゃったじゃん。でも、Aちゃんって普通に冗談を真顔で言うから何が本心で何が嘘かとかは、まだよく分かんない。最初から人のことなんて信用してないんだろうなって思う。勝手な憶測だけど。






(S)→←・



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (119 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
98人がお気に入り
設定タグ:平野紫耀 , King&Prince
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:詠夢 | 作成日時:2021年9月15日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。