占いツクール
検索窓
今日:108 hit、昨日:74 hit、合計:44,626 hit

ページ41

貴方side

私はクラスメートに見つからない時間…。
つまり、学校の時間に緑谷の様子を見にきた。

私はドアをノックする。

緑谷「?どうぞ〜……!神崎さん…!
学校は……?」

貴方『…休んだ。』

すると、緑谷が微笑んで言った。

緑谷「良かったよ、神崎さんは無傷で。」

その言葉に、私は声を低くして言った。

貴方『無傷…?無傷な訳ないだろう。
確かに体は無傷だった……。

だけど…今年で体の傷よりも治せない傷がついたんだ。それは……“心の傷"だ。

…一に、クラスメートに裏切られた時。
2に、麗日が水を掛けた時。
3に…沙也加とライナを失った時。』

沙也加が殉職しただけの傷なら癒えていると思った。

だけど…私にはあまりにも、重すぎたんだよ……。…クラスメートからの虐めは……

ライナ…助けに行ってやるからな…

勧誘→←ヴィランの基地で



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (33 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
101人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:なおぼう | 作成日時:2019年3月29日 9時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。