占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:6 hit、合計:4,497 hit
" 一目惚れ "




そんなのはきっと
一生経験することないと思ってた。








ただ普通に人を好きになって



ただ普通の恋愛をして




普通の人生を送っていくんだろうなって。









だから...


まさか私が一目惚れするなんて思いもしなかった。







しかもそれが " 先生 " だなんて...








先生という名の壁が大きくて



たった...4歳の差が埋まらない。








今まで恋愛で苦労なんてしたことなくて


自由に恋愛してきた。







だから...

この壁の乗り越え方を私は知らない。





先生に...

出会わなければ良かった。




そう...思ってしまうんだ。








実らない恋だと知りながらも


私は " 先生に恋をした "









一目惚れしたのは先生でした【黄瀬涼太】






こちらも大好きな黄瀬君のお話です。


完全妄想storyです。
その他黒バスメンバー登場あり。
原作と多々違います。

荒らしや悪コメはご勘弁下さい。
嬉しいコメントや評価は大歓迎です(*´ω`*)



黒バス用ツイッター
→@73421nana23執筆状態:更新停止中








おもしろ度の評価
  • Currently 9.55/10

点数: 9.6/10 (20 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
44人がお気に入り
設定キーワード:黒バス , 黄瀬涼太 , 黒子のバスケ   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:7nana23 | 作成日時:2019年5月16日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。