占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:1 hit、合計:178 hit
「もう、俺を置いていかないでくれ…」

そう言った先輩の顔はどこか苦しそうな、しかしいつもの優しい表情をしている。
その時、なぜか私は彼の言葉に答えられなかった…。

♢ ♢ ♢

こんにちわ、麗華です。

こちらは「君がくれたい色彩を忘れない」のうらたぬきルートです。
まだ前作を読んでいない方はそちらからお読みください。
君がくれた色彩を忘れない【浦島坂田船】

♢ ♢ ♢

こんなネタ入れて欲しい、その他意見などがありましたらコメント又はtwitter(@uruka_east)にDMなど送ってくださると嬉しいです。

亀もいいところの亀更新ですがどうぞよろしくお願いします。
それではどうぞ、本作品をお楽しみください。

その他の作品
私のご主人様は推しですか?【まふまふ】
執筆状態:連載中



おもしろ度の評価
  • Currently 10.00/10

点数: 10.0/10 (1 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1人がお気に入り
アイコン この作者の作品を全表示 お気に入り作者に追加アイコン 感想を見る

関連作品 アイコン 「歌い手」関連の作品

設定キーワード:歌い手 , 浦島坂田船 , 乙女ゲーム風   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:時藤 麗華 | 作者ホームページ:https://mobile.twitter.com/uruka_east  
作成日時:2019年11月14日 8時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。