占いツクール
検索窓
今日:99 hit、昨日:161 hit、合計:175,128 hit

03 ページ4

**




学校から電車でわずか一駅。




「じゃあな」

『うん、また月曜日』




今まで同じ駅だったのにな。
一人で降り立ったホームは何だか淋しくて。

車窓からこちらを覗く廉に手を振れば、
同じように振り返してくれた。



駅から徒歩五分。

一人暮らしには勿体ないくらい
立派なマンションが目の前にそびえ立つ。


結局、物件探しはほとんど母任せになってしまった。
もっと普通の、相応なところで良かったのに。




初めてのオートロックにもたついた後、
やけに綺麗なエントランスを足早に通り抜けて
エレベーターで六階へと上がった。


一番奥の部屋。
ここが今日から私の家だ。


扉の前に立った途端に漏れた溜息は
想像以上に長く重たいもので。

両親は今頃北海道に着いたのだろうか。

きっと、これからそう簡単に会えなくなるはずなのに、
「じゃあねー」という、やけにあっさりとした
今朝の母の言葉を思い出す。



あーあ、私、家事苦手なんだけどな・・・。

モヤモヤとした気持ちのまま鍵を差し込み、
ドアノブを回した。




『・・・あれ』




・・・え、なんで開かないの。
開け方間違えたかな?いや、そんなはずは。


お母さん、私に違う鍵渡したとかじゃないよね。
もう一度、丁寧にロックを解除してみる。




『良かった・・・』




開いた。とりあえず一安心。

なんて思ったのもつかの間。
新しい家に足を踏み入れた私の目の前に、



・・・どうして。




『へ・・・』

「え?」





どうして、男がいるの。




**

04→←02



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (419 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2281人がお気に入り
設定キーワード:平野紫耀 , 永瀬廉 , キンプリ   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

めう(プロフ) - 以前このお話どこかでありました??どちらにせよ、面白いです* (4月16日 19時) (レス) id: 733504ff46 (このIDを非表示/違反報告)
瑠璃 - すごく良いです!!続き待ってます!!! (4月12日 1時) (レス) id: 99d28834b3 (このIDを非表示/違反報告)
まりあ(プロフ) - とってもきゅんきゅんします!!続きが待ち遠しいです! (4月9日 2時) (レス) id: 1850937699 (このIDを非表示/違反報告)
aitan0331(プロフ) - 更新されたって通知は来るのに見れない(*_*)なぜでしょう(*_*) (4月1日 14時) (レス) id: 4eb8ffcb00 (このIDを非表示/違反報告)
ゆら - すごくキュンキュンしました!!最高です!更新楽しみです(*゚▽゚*) (3月24日 19時) (レス) id: 44463b91ae (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:柚夏 | 作成日時:2019年3月18日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。