占いツクール
検索窓
今日:6 hit、昨日:2 hit、合計:41,249 hit

26 ページ26

コナンside

「早川A……この名前を聞けば分かるだろう?」
「…………早川さんってこのまえの通り魔事件の時の綺麗な人?」

安室さんは少し笑った。それから、そうだよと怪しげな顔で言う。

「彼女は僕の友人でね、あの時は喧嘩をしていて他人のフリをしてたんだけど、どうやら事件に巻き込まれてしまったみたいなんだ」

俺は目を見開く。

「なんで安室さんは焦らないの?」
「…………君がいるからだよ」
「…………え?」

「きっと君はあの通り魔事件の日に彼女のことを怪しいと思って盗聴器を付けた。
変なものが服についてる、と彼女が言ってたんだよ」

それって君が付けたものだよね?
安室さんは笑顔で言った。
けれどその目には焦りが見えた。早川さんが事件に巻き込まれたことに焦っているのだろうか。俺は確かに盗聴器を彼女につけた。しかし、2時間後に気づかれて壊されたのだ。安室さんのただの友人が小型盗聴器に気がつくわけがない。けれど、命がかかっている今は安室さんに協力するしか無かった。

「早川さんが彼氏とデートしてしばらくしてから通信が途絶えたんだ。それまでの話ならできるよ」

俺がそういうと安室さんは少しホッとして「ここで話すのもなんだ。中に入ってくれ」と俺を店に招き入れた。

27→←25



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (59 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
266人がお気に入り
設定キーワード:名探偵コナン , 降谷零 , 安室透
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

SHINO - 面白いです!更新待ってます! (4月14日 21時) (レス) id: 5129f74190 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:数の子 | 作者ホームページ:http:/  
作成日時:2019年4月3日 9時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。