占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:94 hit、合計:29,792 hit

story-76. ページ28

************


それから1ヵ月のオリエンテーションの間に、何度か最後の2席を私と村上くんで座る日があった。


週末には、それぞれ仲良くなった同期を連れ立って、飲みに行き「華金」を満喫した。


時にはみんなで旅行に行ったり、
村上くんに誘われてフットサルに行ってみたり…

誰かがなにか困っていればみんなで助ける。


そんな同期と一緒に仕事をする…


A「…絶対、甘くなってたな。」


部長の言葉を思い出し、苦い気分になった。


村上「ん?なんか言うた?」


A「ううん。なんもないよ。」


村上「ふうん?」

資料に再び目を落としながらホットサンドの脇に置いてあるポテトを1つつまむともぐもぐと食べ、紙ナフキンを一枚取り、口を拭いた。


また、1つつまむともぐもぐと食べ、紙ナフキンを一枚取り、口を拭く。


それを2、3回繰り返すとコーヒーを一口飲む。


だんだんと山になっていくナフキンはぐしゃぐしゃで、几帳面だか雑なんだかわからない村上くんの癖は変わってなくて、懐かしくて。


村上「ん、資料は一応一通りはイケたかな?ごめんな!休みの日まで出て来てもらって。」


A「ううん、村上くんと仕事出来るんやもん。当然やん!」


村上「ほんまおれらがこのイベントの担当任されるようになるとはな〜。めっちゃ嬉しいな。」


A「うん!部長に指名されたのがこの上なく嬉しい!」


村上「お前、あの部長のめっちゃ好きやもんな〜」


A「えへへ。でも企画から準備まで自分でやればやるほど、すごい人なんだなっておもうよ」


村上「…お前、それ部長にも直接言ってるやろ?」


A「え、言ってる…。」


村上「ほんまに無自覚歳上キラーやな!だからみんなお前のことかわいがってくれはるんやわ!」


ははは!と顔をクシャクシャにして笑う顔。



懐かしさが心強かった。

story-77.→←story-75.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (54 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
148人がお気に入り
設定キーワード:NEWS , 手越祐也 , 増田貴久   
作品ジャンル:タレント
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

prco(プロフ) - 結璃さん» 結璃さん!ありがとうございます!次の展開からぶわーって進むと思いますのでのんびりお付き合いください^_^ (10月7日 20時) (レス) id: d34c8d87e3 (このIDを非表示/違反報告)
結璃 - はじめまして!楽しくて一気読みしてしまいました(*^^*)続きも楽しみにしてます♪ (9月30日 10時) (レス) id: cd52497272 (このIDを非表示/違反報告)
prco(プロフ) - シヴさん» シヴさん!ありがとうございます(^^)のんびりお付き合いください(^^) (9月24日 15時) (レス) id: d34c8d87e3 (このIDを非表示/違反報告)
シヴ - めっちゃ面白いです!好きですよー! (9月24日 2時) (レス) id: 6f833cec91 (このIDを非表示/違反報告)
prco(プロフ) - 吹雪蘭丸2さん» ぎゃー!ありがとうございます!!まさかまさかはじめから見ていただいてたとは…。のんびりお付き合いください^_^ (2018年8月25日 10時) (レス) id: d34c8d87e3 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:prco | 作成日時:2018年8月20日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。