占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:1,942 hit

狐と牛乳 ページ34

遠くで誰かに呼ばれてる気がする

でも体動かないや

あれ…光が見える……


ZC「…A……Aおきろおおおお!!」

「うおええええ?!!?」


び…びっくりした……

驚きで心臓がうるさいまま必死に状況を把握する

もう朝になってて、一緒に寝てたジフンは不在、からの目の前にいるのは呆れ顔のジホ

さっきは寝ぼけてて多分私はジホに叩き起こされて…


ZC「ぼーっとしてねぇで早く支度しろA!」

「え?何、どこか行くの?」

ZC「ああ?!Aお前マネヒョンから何も聞いてねぇのか?!」

「??」


マネさんからは何も言われてないけど…

首をかしげる私を見て、ジホは軽く整えた金髪頭をガシガシかいた


ZC「あーーーーもうそれは後で説明するからとりあえず準備すんぞ!Aは先に顔洗ったりしてこい!!
お前荷物どれだ、俺の部屋にあるんだろ?俺が先にリビング置いとくから!」

「え?えっと……カメラと昨日持ってたリュック…!」


急に言われて、私は戸惑いながらも必要最低限のものをジホにお願いする

返事をしてすぐにジホは部屋を出た

なんか、嵐みたい…

とりあえず急がなきゃ…!

私は急いで洗面所に行って洗顔と歯磨きを済ませる


TI「あ、Aちゃんおはよー(^^)」


洗面所を出ると、牛乳の入ったコップを片手にニコニコしてるテイリオッパがいた


「テイリオッパおはよう!…ってそんなにのんびりしてて平気なの?!」

TI「僕は平気なんだー(^^)」

「そ…そうなの??」


僕"は"ってことはオッパだけ許されてるってことかな?

何でだろ?朝弱いのかな?


TI「そうだそうだAちゃん、初日ファイティンっ(^^)」

「???あ、ありがとう……!!」


何だかわからないけど応援された笑

本当に今日何があるんだろ……?


ZC「Aーーー!!!!!早くこいーー!!!」

TI「ほらジホが怒ってるから行っておいでー(^^)」

「うん!オッパありがとう、行ってきます!!!」


ジホの催促に急いでリビングの荷物をとって玄関に向かう

'遅いっ!'って言われながら軽く小突かれた程度で、ジホはあまり怒ってなかったからよかった笑

ジホと一緒に宿舎の前に止められたマネさんの車に乗る


ZC「マネヒョンAに何も説明してねえの?!おかげで俺今日大変だったんだけど?!!?」


乗って早々ジホの抗議が始まったのは言うまでもないよね笑

ときめき?→←ガールズトーク P.O side



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.0/10 (10 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
24人がお気に入り
設定キーワード:BlockB , block.b   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

R(プロフ) - 毎回更新楽しみにしてます! (4月1日 20時) (レス) id: 2a775d9099 (このIDを非表示/違反報告)
toto(プロフ) - 楽しませていただいてます!応援してます(о´∀`о) (4月1日 16時) (レス) id: aef32fdf46 (このIDを非表示/違反報告)
らな(プロフ) - 面白いです(^^)続きってます!!! (3月31日 23時) (レス) id: 20d6271c1a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:たんぷん | 作成日時:2017年3月7日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。