占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:38 hit、合計:2,067 hit

クッキングマシーン ZICO side ページ19

ZC「……キョンア」

PK「ジホヤ、何も言わなくていいよ。わかってる」

ZC「お前は本当にいいやつだ」


エプロン姿のA可愛すぎるだろ………

ミニョギヒョン場所変わってくんね?


UK「2人ともAの事ガン見しすぎ。流石にキモいよ?」

JH「とか言ってるユグォナも2人と同類だからね?」

UK「っさい!//ジェヒョヒョンは黙っててよ!////」


いつもミニョギヒョンに料理を丸投げしてるし

今更手伝わせてくれなんて言えねえよ……ㅠㅠ


TI「あんな可愛い子捕まえてくるなんて、ジホもなかなかやるねぇー?(ニコニコ)」

ZC「っ?!!?!」


急に現れたテイリヒョンに心底ビビる


TI「ジホAちゃんのこと好きでしょー(小声)」

ZC&PK「「はぁ?!」」

ZC「って…なんでキョンアも反応するんだよ!!」

PK「いや隣にいりゃ嫌でも話聞こえるよ!!てか何?!ジホヤAの事す……」

ZC「だああああああ!!!!!」


俺は全力でキョンアをビンタした

こいつ…でけえ声で何言おうとしてんだパボ!!


UK「ちょっ…ジホ何やってんだよ!!キョン壁にぶつかってすごい音したけど?!」

ZC「いやっ!元はと言えばテイリヒョンが……って」


いねえし!!何なんだあの人!!!

だあーーー!!くそ!ムシャクシャする!!


PK「(ボソッ)俺だって前からAの事………」

ZC「あ"あ"?」

BB「おーいお前ら晩飯もう出来るから準備しろー」


完璧なタイミングでミニョギヒョンに声をかけられる

キョンアが何を言ったかよく聞こえなかった

クッソ気になるけど今はいいや

うだうだしてるメンバーをほっといて俺はキッチンに向かった


ZC「っ…!!」


嘘だろ……

ミニョギヒョンが……Aにキスしてる…?

まさかミニョギヒョンもAの事……


ZC「なんて顔してんだよA…」


顔を真っ赤にして固まってるAに、何故かすげえモヤモヤした

てかA、ヒョンのこと好きだったりすんのか…?


ZC「あーもうわかんねえ」


俺は踵を返して自分の部屋に向かった

途中、不思議そうに俺をみるジェヒョヒョンとすれ違う


JH「あれ?ジホ準備しないの……ってジホ?!無視しないでよー!!」


うるさいな…ほっといてくれよ……

俺、Aが来てからやっぱりおかしいわ……

おかしな→←クッキングマシーン 2



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.1/10 (11 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
26人がお気に入り
設定キーワード:BlockB , block.b   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

R(プロフ) - 毎回更新楽しみにしてます! (4月1日 20時) (レス) id: 2a775d9099 (このIDを非表示/違反報告)
toto(プロフ) - 楽しませていただいてます!応援してます(о´∀`о) (4月1日 16時) (レス) id: aef32fdf46 (このIDを非表示/違反報告)
らな(プロフ) - 面白いです(^^)続きってます!!! (3月31日 23時) (レス) id: 20d6271c1a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:たんぷん | 作成日時:2017年3月7日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。