占いツクール
検索窓
今日:85 hit、昨日:7 hit、合計:431,281 hit

なんて事を・・・ ページ46

「お待たせ致しました(笑)」


ほどなくして先程のイケメンスタッフが

私達のテーブルに戻ってきた


「場所はこちらでよろしいですか?」

「どうする竹内、ここでいいか?」

「え、場所って...」


わけがわからずオロオロする私に


「せっかく参加するなら一番を狙わないとな」


そう言った宮本さんが席を立ち

私の椅子の背後に回った


「じゃあ、お撮りしますよ。
ポーズを決めて下さい」


え、ポーズ?


すると、ふわっと優しく

宮本さんが私の肩に両手を置き


えっ...


「はい、ポーズ!」


カシャ!


イケメンスタッフが手にしていた

チェキのシャッターが押された


ここでやっと状況が飲み込めた私


どうやらさっき無意識に独り言を言った事で

このお店が企画した

「あなたが選ぶベストカップル」というものに

参加する事になってしまったらしい


この企画、お店の人に撮って貰った

チェキのツーショット写真を

スタッフとお客さんが一定期間投票して

ベストカップルを選ぶというもの


私ったら

なんて事を・・・


「あとで、確認のためにお写真をお持ちしますね(笑)」

「はい(笑)」


楽しそうな宮本さん


「竹内、ベストカップルに選ばれるといいな(笑)」


ベストカップル・・・

宮本さんと・・・



あぁ...

私の、おバカ・・・

ギリギリセーフ!!→←覚悟を決めます



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (395 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
424人がお気に入り
設定キーワード:チャンミン , 恋愛 , 東方神起
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ami | 作成日時:2014年3月21日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。