占いツクール
検索窓
今日:8 hit、昨日:33 hit、合計:434,811 hit

本当の理由 ページ18

「だってシム君
最近ずっと、泣きそうな顔してるよ?」


一之瀬さんにそう言われて

何も言えなかった僕


確かにここ最近は辛くて苦しくて


一之瀬さんの言う通り

泣きそうな顔をしていたかもしれない


昨日の事があったから

今日なんて特にひどかったと思う


「無理しなくてもいいんじゃないかな」


無理しているのかもしれない


だけど、Aさんを手放すなんて

そんな事絶対できない


「ごめん、少し寝てもいいかな...?」

「うん、わかった」


.



"環境が変われば人も変わる"


Aさんに限って、そんな事はない


昨日目にした光景だって

何か理由があるはず


そう思いつつも

はっきり「違う」と言えないのは


"やっぱり田中はしっかりしてるね。
田中みたいに大人な彼なら彼女は安心して甘えられるよね(笑)"


実は彼のせいじゃない


本当は気付いていた

本当の理由


それは...


自分に自信がないからだって


自分でもわかっている

自分が子供っぽい事


現に何でAさんの態度が変わってしまったのか

考えても全然わからない


彼女の心の変化に気付いてもあげられない

どうしようもない彼氏


「そばにいて」と

ただ甘えるだけの子供っぽい彼氏


だけどそれでも

Aさんを手放したくない


手放したくないんだ


「Aさん...」


僕は愛しい人の名前を呼びながら

いつのまにか眠りに落ちていた



.



ピンポーン


どのくらい眠っていただろう


夢現に聞こえた

インターホンの音で目が覚めた


誰か...来た?


微睡む意識の中


「じゃあ、嘘をついてたの?」


微かに聞こえた

愛しい人の声


Aさんだ!


ガバッ!


勢いよく布団から起き上がったものの


クラッ...


やはりまだ熱があるのか

少しだけフラフラしながら

なんとかドアノブに手を掛けた

私の本気→←彼女の本気



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (397 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
422人がお気に入り
設定キーワード:チャンミン , 恋愛 , 東方神起
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ami | 作成日時:2014年3月21日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。