占いツクール
検索窓
今日:73 hit、昨日:120 hit、合計:431,183 hit

そう思っているのに ページ15

「どうしていつも
あの場所に行くの?」

「あの場所って?」

「書庫...」

「・・・・」

「もしかして...
シム君のお気に入りの場所なの?」


そうだよ?

あの場所は僕のお気に入りの場所


だけど


「...違うよ」


あの場所は

Aさんと僕の二人だけの秘密の場所だから


Aさん...


どうして...?

どうしてあの人と一緒にいたの?


「そう?でも前もあそこから・・・」

「だから違う!!」

「...ッ」


一之瀬さんが息を呑むのがわかって

我に返った


「ごめん...」

「ううん...」


イライラして

僕の事を心配して来てくれた一之瀬さんに

八つ当たりするなんて


「僕は子供っぽいね...」

「え...」

「すごく子供っぽい」


こんなんじゃ

Aさんに嫌われちゃう


"やっぱり田中はしっかりしてるね。
田中みたいに大人な彼なら彼女は安心して甘えられるよね(笑)"


もしかして

もう...嫌われちゃったかな


「Aさん...」



僕をおいていかないで


お願いだから

僕をおいていかないで



「無理、しないで...」


するとずっと黙っていた一之瀬さんが

静かに口を開いた


「私の知り合いにもいた」

「え...?」

「社会人になった途端
ずっと付き合ってた彼と別れた人...」


社会人になった途端...?


「環境が変われば人も変わる」


Aさんもそうだって言いたいの?


...違う、Aさんは違う

僕のAさんはそんな人じゃない


そう思ってるのに

そう思っているのに


「...ッ」


声に、ならない...


雨の中、ぴったり寄り添って歩く二人が

あまりに楽しそうで、お似合いで


電話もメールすらもできなかった


「無理しなくてもいいんじゃないかな?」

「え...」

「だってシム君
最近ずっと、泣きそうな顔してるよ?」

乙女の勘→←ただ一人



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (395 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
425人がお気に入り
設定キーワード:チャンミン , 恋愛 , 東方神起
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ami | 作成日時:2014年3月21日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。