占いツクール
検索窓
今日:59 hit、昨日:44 hit、合計:29,777 hit

らしくない ページ14






あかん。

こんなん俺らしくない。
…っていうか、ダサすぎ。

世間的に俺らがそういう仲やっていうのは
知られてないわけで、収録やらで
仲良くしたりくっついたりするのなんて、
滅多にないのはいつものことやのに、、





『もぅヤス〜……隣きてよぉ』





なんて、俺じゃなくて
ヤスを呼んだことに対して
イライラしてるなんて。
それだけじゃなくて
楽屋でもヤスとくっついとったし、
まあ俺の機嫌はもともと悪かったってのもある。


ソーシャルディスタンスのおかげでヤスは
ヒナのもとに行くことはなかったけども、
ソーシャルディスタンスとかなかったら
絶対隣行ったったしなんなら
手繋いどったんちゃうか。

嘘でもいいから俺を呼んで欲しかったな、
なんて俺のわがままというか、願望。



意地張って今もひとりでベッドおるし…
ヒナもヒナでこっちに来る気配がない。
水飲むふりしてリビング行ってみよか。




「……ヒナ?」




恐る恐る顔を出すとそこにヒナの姿は
なくて、ソファを覗き込むとブランケットに
くるまって寝てるヒナがいた。

クーラーが効きすぎているのか
ブランケットをしっかり握ってて
体を折りたたんでくるまっとる。

ほっぺにはなんや、涙の跡…?




「…ごめんな、」




俺が泣かせたんよな。
俺が機嫌悪い理由を知らんヒナは
いつも通り一緒に寝ようとしてたもん
断ったりしてごめんな。

ええ歳して嫉妬も恥ずかしいもんやで。




「よっ、と」
『んん…』
「…まだ寝ててええで〜」




お姫様抱っこみたいに抱きかかえて
ベッドに移動させる。
途中起きそうなったけど頭撫でたったら
むにゃむにゃ言うてまた寝てくれた。

横に並んでヒナの方見て寝転ぶと
手を伸ばして何かを探してるもんやから
その手に俺の手を合わせると、
ギュッと握ってきてそのまま自分の胸に
持っていきよった。


…なんや、この可愛い生物は。


我慢できんなって俺の腕の中に
引き寄せた。心なしかヒナの顔が
笑ってるみたいに見える。



泣かせてごめんな、
でもお前の隣には俺がいたい。
例えヤスにでも譲りたくない。
それだけは覚えといてな。

心→←俺じゃない



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (73 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
134人がお気に入り
設定キーワード:関ジャニ∞ , 横山裕 , 村上信五
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

真理(プロフ) - ありがとうございます。 (1月24日 22時) (レス) id: ebe88a5abd (このIDを非表示/違反報告)
雨悠(プロフ) - pomさん» 返信ありがとうございます!ゆっくりで大丈夫です!pom様のペースで!楽しみにしています! (1月17日 14時) (レス) id: de14c26198 (このIDを非表示/違反報告)
pom(プロフ) - 雨悠さん» 楽しみにしていただきありがとうございます!パスワードはkanjani8となっております!なかなか更新できず、パスワードをかけました。こちらのお話も全く更新できず、申し訳ありません! (1月17日 13時) (レス) id: f223fa30a9 (このIDを非表示/違反報告)
雨悠(プロフ) - いつも楽しみにしています!愛屋乃鳥を読みたいのですがパスワードはどこでわかりますか? (1月17日 13時) (レス) id: de14c26198 (このIDを非表示/違反報告)
真理(プロフ) - pomさん» かしこまりました!リエストに応えて下さりありがとうございます!楽しみしてます! (12月11日 13時) (レス) id: ebe88a5abd (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:nann | 作成日時:2020年4月30日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。