占いツクール
検索窓
今日:296 hit、昨日:218 hit、合計:136,260 hit

にゃあ! ページ17

椚side






椚「…失敗しない、1つの考えで充分です。」








初めて上良先生と目を見て話した。
優しい眼差しをしている人だ。
ただその瞳の奥が見えない。








殺「甘いですねぇ、仮にその貴女が持っている
1つのプランが失敗した時に埋め合わせとしての
第二の刃がなくては、もう手も足も出ない。

…やはり、あなたは可哀想だ。
自分を見つめ直す時間が必要です。

下のユニットは自力で
はいあがってきてくださいね、なんて困難です
手助けがなければ右も左も分からない。

例えるなら
この私の手の角砂糖をくだかないよう全力で
握りなさい、と言っているようなもの。」







次の瞬間上良先生の手には目一杯力が入れられ
手のあいだから零れた砂糖が
紅茶の中へと落ちてゆく。








殺「ね?。もう跡形もない。
私は今からあなたに課題を出します。

今週はRa*bitsのプロデュースをしてください。
私が椚先生の書類を終わらせておきます。

そして今週末には貴方が学院最弱の
ユニットを見て、何を思ったかを
私に話してください。

これが貴方への課題です。」





そういい優しく微笑む上良先生。

Ra*bitsの予定を確認したところ
ちょうどグループで練習部屋を取っている。

仕方ないです、行きますか。

にゃあ!→←にゃあ!



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (62 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
248人がお気に入り
設定キーワード:あんスタ , 暗殺教室
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:★猫魔女★
作成日時:2018年8月30日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。