占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:3 hit、合計:1,929 hit
生まれた時から親の顔は知らない。


両親と当時7歳と1歳の兄と生まれたばかりの私は出先で交通事故にあって私だけ助かったらしい。


その頃から孤児院に居て15歳で引き取ってくれた人は私に暴 力を振るった。


学校では親が居ない事を馬鹿にされて不登校気味となっていた時に出会ったのは小さな劇場。


其処で出会った1人の女性にメイクアシスタントとして此処に来ないかとスカウトしてくれた。


暗闇だった世界が七色に光った、そんな瞬間だった。執筆状態:更新停止中






おもしろ度の評価
  • Currently 9.94/10

点数: 9.9/10 (16 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
51人がお気に入り
設定キーワード:A3 , 雪白東 , かしま
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:かしま | 作成日時:2017年12月26日 6時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。