占いツクール
検索窓
今日:22 hit、昨日:132 hit、合計:350,817 hit

17▽ ページ17

.






重岡の元にボールがやってくる。

試合終了まであと少し。

みんなが重岡の方を見た。

重岡は頼もしく笑ってドリブルをしながらゴールに向かって走っていく。

その目にはゴールしか映っていなかった。


ボールが飛ぶ。

みんながボールに視線を向けた。

重岡も、少し不安そうに。


ガコン。


ポンポン、と落ちた先でボールがバウンドする。

その音を合図に試合終了の笛が鳴った。

重岡は嬉しそうに小さくガッツポーズをした。



『しげまじすげーよ!!』

『ヒーローやんけ!!』



わっ!と歓声が上がりみんなが重岡をもみくちゃにしだした。

頭をぐしゃぐしゃと撫でられたり背中をバシバシ叩かれたり。



「やめろや!」

『照れんなや!』

「しげかっこよかったで。」

「へっへー、ありがと。」



嬉しそうにする重岡を見てるとなんだか自分も嬉しくなった。

よかったね、かっこよかったよ。

心の中でそっと呟いた。



「重岡、かっこよかったね。」

「...うん。」

「ヒーローみたいだったね。」

「..うん、うん。」

『じゃあ終わるぞー。全員せいれーつ!』



急いで立ち上がり先生の元へ走った。


休め、気をつけ、礼。

ありがとうございました。


同時に授業を終えるチャイムが鳴った。

授業が終わった。

うんと背伸びをする、結沙のようにバキバキという音は鳴らなかった。

後ろ姿の結沙が見えたから走ってそばに行く。

ギュって抱きついたら暑いから、と少し恥ずかしそうに笑ってくれた。



「次何の授業やったっけ?」

「えっと...現国?」

「うわー、眠いやつ。」



体育のあとの授業ってどうして眠いんだろう。

フーッと1つ息を吐く。

スーッと肩の力が抜けていく感じがした。









.

18▽→←16▽



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (516 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2016人がお気に入り
設定キーワード:ジャニーズWEST , 重岡大毅 , 神山智洋
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

プシュケ(プロフ) - しょあさん» ありがとうございます(;_;)大好きだと言ってもらえると私なんてまだまだちっぽけなのにとても誇らしい気持ちになれます。魔法のような言葉だなあと常々思います。更新頑張りますね! (2018年6月30日 21時) (レス) id: c500b02c4b (このIDを非表示/違反報告)
しょあ(プロフ) - だいすきなお話です!更新楽しみにしてます(ノ_<) (2018年6月25日 1時) (レス) id: a32bcb43cc (このIDを非表示/違反報告)
プシュケ(プロフ) - れんれんLOVEさん» ありがとうございます(;_;)そう言って頂けて有り難いです。2人の恋がゆっくり動き出すところを見守っていただけたら幸いです、更新頑張ります! (2018年4月15日 23時) (レス) id: 0d3b4e228a (このIDを非表示/違反報告)
れんれんLOVE - お互いまだ好きなのにその恋を諦めようとしてる。そんな感じでとても切ない気持ちになりました。これからも頑張ってください! (2018年4月15日 16時) (レス) id: d3a8aaae25 (このIDを非表示/違反報告)
プシュケ(プロフ) - 永瀬のあ。さん» ありがとうございます(;_;)弟子ができましたも読んでいただけてるんですね、嬉しいです、ありがとうございます。さっさと言えよ!って感じですよね、私もそう思います。笑 少しずつ成長していく姿を見守っていただけたらと思います、更新頑張ります! (2018年4月8日 22時) (レス) id: 0d3b4e228a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:プシュケ | 作成日時:2018年4月7日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。