占いツクール
検索窓
今日:8 hit、昨日:45 hit、合計:25,450 hit

勇気 ページ18

としみつside




虫さんのお陰で、Aちゃんの手料理を食えることになって、嬉しくて、目の前に料理が出てきた時も感動して言葉が出なかった。




こんなんじゃだめだ。もっと自分から行かねーと。

りょうをずっと近くで見てきて俺は学んだんだよ。



見てろよりょう!
もう女に奥手な昔の俺じゃねーぞ!!




そう意気込んで、洗い物をしようとしたのかキッチンに向かったAちゃんにすっと近づく。






と「ほんとに美味かったです。ごちそうさま。」





よし、噛まなかった、とホッとしたのもつかの間、




『あ、はい!良かったです!!』




声がちょっと裏返って、恥ずかしそうに笑ってる。
そんなんずるいでしょ、、可愛すぎ。


顔が赤くなってそうで、バレないようにちょっとだけうつむきながら、

笑ってAちゃんの頭に手を乗せた。




いつもりょうがやるやつ。

真似するのはちょっとダセェかなとも思ったけど勇気を出してやってみた。

やっぱ恥ずかしくて顔も見れずに立ち去る。




リビングに戻るとニヤニヤしてるりょうと目が合った。



見てやがったなこの野郎!!

声には出さず、睨んでそう伝える。



りょうはいつもみたいにさわやかな笑顔で「やるじゃん」と言った。



やっぱりこの男には敵わない。

それでもいい、俺らしく頑張るって決めたんだ。





そう思いを込めながら、もう一度「見てろよ」とりょうを睨み返しておいた。

またね→←おいしーー!!!



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (51 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
299人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

乙春(プロフ) - あーーちゃんさん» ありがとうございます!ご期待に添えるように頑張ります!! (2月11日 18時) (レス) id: 98676b51e3 (このIDを非表示/違反報告)
あーーちゃん(プロフ) - 今までにない設定でこれから楽しみです! (2月8日 11時) (レス) id: 08738ad703 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:乙春 | 作成日時:2019年2月7日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。