占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:21 hit、合計:7,880 hit

ページ4

ついに鬼が出動しました
俺はあまり狙われないようになってますが
一応逃げてます

それよりもミッションを遂行しなければならい
ミッションの1つ目はテヒョニヒョンの
ほっぺを2回触る

「ヒョン、あっち見てください」

1回目は鬼を利用した
あそこに鬼がいますよ、と教えてあげるように
ほっぺを包んでそちらを向かせる

我ながらごく自然な動きだ
だが2回目は少し考えなければならない
どうすれば自然に触ることが出来るのか

「A...つよい、」

考え事をしていたせいか、テヒョニヒョンの
ほっぺに触ったまま力を入れたせいで
テヒョニヒョンが痛そうに顔を歪めた

「あ、すみません」

俺が申し訳なさそうに謝ると
テヒョニヒョンはニヤリと笑って
やり返しだ、と叫んだ

そのまま、両頬を掴まれると
びよーんと引っ張られる

「い、いひゃいれす...はにゃして、」

そう言ってまた、テヒョニヒョンの頬に触れる
これでミッションの1つ目は完了だ
ありがとう、ヒョンのおかげで
スムーズにミッションが遂行できたよ

5→←3



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.5/10 (25 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
328人がお気に入り
設定キーワード:防弾少年団 , BTS , ジョングク
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:桜兎昂 | 作成日時:2019年7月10日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。