占いツクール
検索窓
今日:46 hit、昨日:3,203 hit、合計:653,847 hit

◇131.どちらが獣か ページ37

イヴ.



イヴ「ちょっ……」



寮長さんを止めようとするとAちゃんに止められてしまう。



レオナ「言葉の使い方には気をつけた方がいいぞ?草食動物」

『草食動物とか肉食動物とかどっちでもいい。
これ以上やめないって言うなら僕はお前を殴ってでも止める』

レオナ「お前が?魔法も使えない、狩りの仕方すら知らなそうな草食動物が俺を止められんのか?」

『殴ってでも、って言っただろ』



その場の空気がピリッ、とするほど、お互い冷たい目つきで睨み合っている。

離れた場所にいる私ですら寮長さんの睨みは怖いと思ってしまうのにAちゃんは怖がらないどころか反抗して、寮長さんに噛みつこうとしている。



レオナ「お前に俺は倒せない」

『お前に僕は倒せない』

レオナ「……」

『僕がお前の天敵になってやる』




逆にAちゃんが獣に見えた。

すると寮長さんは口角を微かに上げた。




レオナ「お前……面白ぇな」



そんな時だった。



ジャック「何してんスか、あんたら」



ジャックくんがこちらに近づいてくる。



レオナ「ん?縄張りに踏み込んだ奴らとちょっと遊んでやってるだけだろ」

ジャック「初心者いたぶって何が楽しいんスか」

『そーだそーだ!』

ラギー「あんたは少し黙ってましょうか」

『ムグーッ!!』



ラギー先輩がAちゃんの口を塞ぐ。




ラギー「なーにぃ?ジャックくん。正義のヒーローみたいでカッコいいッスねぇ。シシシッ」

ジャック「俺はただ、みっともなくて見てられねぇって言ってるだけっす」

レオナ「はっ、しらけること言うぜ」



「おいジャック!てめー1年のくせに生意気だぞ」

ジャック「……あんたらこそ、上級生のやることじゃないんじゃないですか」

「あんだとぉ!?
お前もやられたいんかよ!」




……かっこ悪い


歳下のジャックくんにオラつく先輩達がただただ、男としてどうなの、と思うくらいみっともないと思った。



レオナ「……お前らほんとそっくりだよな」

『?』
イヴ「?」

レオナ「2人揃ってゴミを見るような目であいつらを見やがる」



そう言った寮長さんは可笑しそうに笑った。

そして一気に冷めた表情をして「飽きた」と一言。



レオナ「行くぞ、ラギー」

ラギー「ウィーッス」



寮長さんとラギーさんはAちゃんから手を離すと先輩方を連れて寮の方へ行ってしまった。


.

◇132.刃向かえ→←◇130.やーなこった



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (368 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
951人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

冬雪(プロフ) - もしゅさん» ご報告ありがとうございます (5月18日 12時) (レス) id: 2be363099b (このIDを非表示/違反報告)
もしゅ - 126話のセリフの所サバナクロー寮のハウル・ジャックになってましたよ (5月18日 12時) (レス) id: ded0801b35 (このIDを非表示/違反報告)
冬雪(プロフ) - ベルモットさん» ありがとうございます。僕もリドルとラギーが推しです。 (4月14日 21時) (レス) id: e3ba6a1386 (このIDを非表示/違反報告)
ベルモット - ツイステですよね。私もプレイしています。一番好きなキャラはリドルでしたので、主人公とリドルの関係性が好みでした。 (4月14日 20時) (レス) id: e8970a172e (このIDを非表示/違反報告)
冬雪(プロフ) - アイラさん» ご報告ありがとうございます。 (4月12日 20時) (レス) id: e3ba6a1386 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:冬雪 | 作成日時:2020年4月6日 4時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。