占いツクール
検索窓
今日:459 hit、昨日:729 hit、合計:1,410,913 hit

149 JM ページ50

__




こんなにブチ切れてるユンギヒョン、初めてだ



正直 俺でも怖いと思ったもん。




JM「ひょ、ヒョン、落ち着いて...?」




いつも冷静なヒョンが大声を出して。


好きな人のためなら人間はここまで変われるものなんだな、


だけどさ、ちょっと言い過ぎだよね...




確かに怪我させたのは悪いし

Aちゃんはずっと言い訳をしようと口をパクパクさせてる。


けれどそんなの御構い無しに

ヒョンは感情をぶちまけた




そのたびに歪んでいくAちゃんの顔、


もう見ていられなかった




俺らだって

彼女にあんな顔させてたくせにね。




彼女が傷ついていく姿を

俺らはどれだけ知らんふりしてきたんだろう




YG「もういいよお前、

明日から来なくていい。」


JK「ちょっとヒョン!!」




大きな声を出したジョングク



アイツが怒ってる時の声だ





YG「ユソンがいれば十分だろ。


お前の居場所はもうここじゃないんだよ」





そう吐き捨てたユンギヒョン



ヒョン、やっぱりそれは言い過ぎ__





『嘘つき...』





え?





今まで黙ったまま俯いていたAちゃん。



口を開いた彼女から出てきた言葉は



普段俺らが使ってる母国語とは違う言葉だった





ユンギヒョンも驚いた顔をしてる。


けれどそれはヒョンだけじゃなく、


ここにいる全員が同じだと思う。





俺らだって少しくらい日本語はわかるけれど


Aちゃんがあまりにも早口で話すからうまく聞き取れない





泣き叫ぶように何かを伝える彼女を見て



言葉の意味は難しくてわからないのに





どうしてこんなにも胸が締め付けられるんだろう





彼女の心の叫びが伝わる





ああ、俺らはこんなにも


彼女に我慢させていたんだ





最後に彼女が放った言葉





『嘘つき...大っ嫌い』





俺でもわかる言葉だった。



嘘つきの言葉はどうしてなのかわからなかったけれど

唯一わかったのは





俺らは彼女に嫌われた




捨てられたんだ






「ごめんな、さい」






今度は韓国語で小さく呟いて

控え室を出て行ってしまった



静まり返る控え室





JK「A、泣いてた...


行かなきゃ、」





意を決したように走って出て行ったジョングク





JH「泣いてるの...初めて見た..っ」





俺らは一体何をしてきたんだろう。




一人の少女には




抱えきれないほどの無理をさせていたんだ





.



__



パンパカパーン


続編でました((殴


.

この小説の続きへ→←148



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (757 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2836人がお気に入り
設定キーワード:BTS , 防弾少年団 , バンタン
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

- 身長高くてイケメン?ジュンだろ。とか思ってたら本当にジュンで叫びました(T_T)最高です(T_T) (11月14日 10時) (レス) id: 1cba4aeba8 (このIDを非表示/違反報告)
ゆー(プロフ) - くっくくおずさん» ほんとほんと!ユソンやばい!怒← 続きも楽しんで頂けるよう頑張りますので!応援よろしくお願いします!笑 (2017年3月1日 0時) (レス) id: 6b61a37ab0 (このIDを非表示/違反報告)
ゆー(プロフ) - ゆうさん» ありがたいお言葉感謝です、泣 作者文章力ないですよ!ちなみに小説は占ツクが大好きです← 本屋さんの本ならホラー読んでまs((殴 (2017年3月1日 0時) (レス) id: 6b61a37ab0 (このIDを非表示/違反報告)
くっくくおず(プロフ) - 最後の部分ほんとに涙がでました。続きが気になってしょうがないです。ユソンほんとにムカつく!!!! (2017年2月28日 20時) (レス) id: 39194f24c0 (このIDを非表示/違反報告)
ゆう - 主人公の気持ちが痛いくらい伝わってきて思わず涙が出ました(T ^ T)こんな文章書けるなんてすごいです。小説とかってどれくらい読んだんですか?これからも応援してます!! (2017年2月27日 23時) (レス) id: 0e3b5822de (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ゆー | 作成日時:2016年12月27日 11時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。