占いツクール
検索窓
今日:325 hit、昨日:457 hit、合計:1,462,032 hit

104 JK ページ5

__




ユソンヌナから下着を奪い取るテヒョニヒョン



下着があった場所を指差すヌナ。



その細い指が指したのはAのカバン。






その光景を青ざめた顔で見つめるA






....まさか本当にAが盗ったの?




な、なんて信じてないけど..さ、






JM「まさか、何かの間違いだよ!」


JI「そうだよ、Aちゃんがそんな事するはずない」




二人の言葉に皆んなコクコクと頷く


テヒョニヒョンも。




JI「よりによってテヒョナのパンツ?要らないでしょ」




真顔のジニヒョンを

驚いた顔で見つめるテヒョニヒョン(←)




「わ、私じゃありませんっ」




今にも泣き出しそうなA




JI「ほら、Aちゃんもそう言ってる」




彼女の小さな体をそっと抱き寄せて落ち着かせようとするジニヒョン


...さりげなくAを抱き締めるところが大人っぽくて少しムカつく。






YG「...テヒョナのは見つかったとして、他はどこにあるか、だよな」



今まで黙っていたユンギヒョンの言葉に

メンバーも口を閉ざす





YN「それなら簡単よ。その子のカバンを調べれば良いじゃない。

無かったら白、

入っていたら黒になるけれど。」





淡々と喋るヌナ




まるで始めからAが盗ったみたいな言い方..





JI「ヌナ、何度も言ってるけどAちゃんが盗るはずないでしょ」


YN「そんなの確かめてみなきゃわからないわよ?」


JI「なにか確信でもあるみたいな言い方だね」


YN「...そんな事無いわよ」





なんだろ、


この二人、トゲトゲしてる気がする





YG「...俺は賛成。Aが盗ってないっていう証拠になるだろ」


JI「ユンギ...」




ユンギヒョンはAの荷物を調べる事に賛成みたい。


確かに、何も入っていないことは分かりきっている事だから..


皆んなを安心させるには良いかもしれない。




JK「A、荷物、調べてもいいかな..?」




未だジニヒョンに抱きしめられているAに優しく声をかける


小さく頷いたA



まあ 本人が中を見ても良いって言ってる時点で疑う必要は無いんだけどね




TH「だ、誰がみるの?」


JM「女の子のカバンだし..」


JH「おおおお、俺はパスっ 汗」




なんだか恥ずかしそうにするメンバー


...ピョンテなヒョン達め。


テヒョニヒョンみたいに下着が入ってるとでも思ってるの?





YN「私が見てあげる」





.

105→←103 TH



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (769 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2858人がお気に入り
設定キーワード:BTS , 防弾少年団 , バンタン
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

- 身長高くてイケメン?ジュンだろ。とか思ってたら本当にジュンで叫びました(T_T)最高です(T_T) (11月14日 10時) (レス) id: 1cba4aeba8 (このIDを非表示/違反報告)
ゆー(プロフ) - くっくくおずさん» ほんとほんと!ユソンやばい!怒← 続きも楽しんで頂けるよう頑張りますので!応援よろしくお願いします!笑 (2017年3月1日 0時) (レス) id: 6b61a37ab0 (このIDを非表示/違反報告)
ゆー(プロフ) - ゆうさん» ありがたいお言葉感謝です、泣 作者文章力ないですよ!ちなみに小説は占ツクが大好きです← 本屋さんの本ならホラー読んでまs((殴 (2017年3月1日 0時) (レス) id: 6b61a37ab0 (このIDを非表示/違反報告)
くっくくおず(プロフ) - 最後の部分ほんとに涙がでました。続きが気になってしょうがないです。ユソンほんとにムカつく!!!! (2017年2月28日 20時) (レス) id: 39194f24c0 (このIDを非表示/違反報告)
ゆう - 主人公の気持ちが痛いくらい伝わってきて思わず涙が出ました(T ^ T)こんな文章書けるなんてすごいです。小説とかってどれくらい読んだんですか?これからも応援してます!! (2017年2月27日 23時) (レス) id: 0e3b5822de (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ゆー | 作成日時:2016年12月27日 11時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。