占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:3,324 hit

【14話】 ページ17

「お菓子作りはディ・モールトベネ」



「んまーいい!コレ!絶対皆喜ぶぜェー!」
「ハイハイ。摘むのはこれぐらいにしときなさい」

次々とクッキーやちっさいパイやチョコ系のスイーツを摘み、口に運ぶ麻斗を綾が止める。じゃないと皆の分が絶望的になりそうだからと白石が考えたからである

「後一口!後一口!」
「一口って言っておきながら口に丸々入れて叱られたのは何処の誰だったけ?」
「うっ……」

綾の正論に麻斗が怯む。つい三十分ほど前、出来上がったお菓子を『後一口!』とねだり、口に丸々無理矢理詰めゲスト参戦の高杉蒼太にこってり絞られた。だがそれでもめげないのが麻斗

「まぁまぁ。ほら、麻斗君、これなら上げられるよ。焦げてる部分もあるけど……」

凪が焦げている部分があるチョコクッキーを慰めるように麻斗に差し出す

「おー!グラッチェ!大丈夫大丈夫!焦げてても大丈夫だからよ!」
「あ、そうなの?」

何故かイタリア語でありがとうと言い、スグに口にポイっと入れた。ボリボリ言わせながら「んめェー!ディ・モールトディ・モールトベネ!」と親指を立てる

「焦げてる部分はなんかビターになっててこれまたベネ!」
「ねぇその『ディ・モールト』とか『ベネ』とかなんなの?またアニメに影響された?」

綾が呆れ顔で麻斗に聞く。麻斗が使う言葉はアニメに影響されていると言っても過言では無い

「あぁ、俺最近ジ〇ジ〇の五部にハマっているんだよ。でもアニメ化されてねぇし、単行本もまだ買えてないから爆買いしようかどうか迷っているんだけど……今から集めだしたらキリが無いんだよ。百巻は余裕のよっちゃんで超えてるし、五部までしばらく掛かる。で、本題に戻るけどジ〇ジ〇の舞台はイタリアなんだ。だからさっきのディ・モールトやベネはイタリア語なんだ。まァ紙で意味を書くと……」

紙を取り出し非常に(ディ・モールト)良い(ベネ)と書いた

「へぇ……ディ・モールトは非常に、ベネは良いって意味なのね」
「他にも飛んでいきな(ボラーレヴィーア)さようならだ(アリーヴェデルチ)とかあるんだぜ」

なるほどねと綾が感心している間にいつの間にかクッキーが出来上がっていた

「おおー!これまた美味そうなクッキー!味見味見」
「ダメよ」

クッキーに手を伸ばす麻斗に綾が腕を掴む。「麻斗は片付けでもしておいてね」と言われ、凹みながら皿洗いをする麻斗だった

【更新日】
5月20日

【作者名】
甘党朧

【15話】→←【13話】


  • 金 運: ★☆☆☆☆
  • 恋愛運: ★★★☆☆
  • 健康運: ★★★★★
  • 全体運: ★★★☆☆

ラッキーカラー

あずきいろ

ラッキーナンバー

8

誰かの落し物だ。

クッキーが落ちていた…


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.3/10 (15 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
7人がお気に入り
設定キーワード:企画小説 , 執事 , メイド , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

雨ノ堕天使。(プロフ) - 遅くなり申し訳ありません。更新完了いたしました。 (6月30日 16時) (レス) id: a314f6f16a (このIDを非表示/違反報告)
雨ノ堕天使。(プロフ) - 更新させていただきます (6月30日 11時) (レス) id: a314f6f16a (このIDを非表示/違反報告)
つゆゆ@がんばる(プロフ) - こちらにも失礼します!もしパスワードが分からず更新できない人は、私のところまでメッセージ等で連絡を下さい。 いつでもお待ちしてます! (6月30日 11時) (レス) id: 3916aeefc5 (このIDを非表示/違反報告)
つゆゆ@がんばる(プロフ) - 更新完了しました! (6月27日 0時) (レス) id: 3916aeefc5 (このIDを非表示/違反報告)
つゆゆ@がんばる(プロフ) - 更新します!! (6月27日 0時) (レス) id: 3916aeefc5 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:つゆゆ x他6人 | 作者ホームページ:http:/  
作成日時:2018年2月19日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。