占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:1 hit、合計:246,287 hit

18話 ページ19

貴方サイド

「主……」

誰かに肩を叩かれる。

この声は……

「鶴丸……?」

目を開けると鶴丸が心配そうに僕の顔を覗き込んでいた。

「もうすぐ夕餉だから、迎えに来たんだ」

「そう……ありがとう」

僕は獅子王の肩を叩く。

「ん〜、主〜……?」

「夕餉の準備が出来たって。行こう」

獅子王はまだ眠たそうだが、なんとか大広間に着いた。

途中鶴丸の冷たい視線を感じた。

すると獅子王は近侍の席に向かって、座っている一期を見る。

「獅子王殿、何か……?」

問う一期に獅子王は、

「そこ、俺の席だから退いて」

と言った。

いきなりそんな事を言われた一期は唖然としている。

「あの、それはどういう……?」

「あー。ごめん、一期。今日から近侍は獅子王に任せる事にしたんだ」

「……何故ですか?」

顔を歪めながら聞く一期。

まあいきなり言われたら驚くか。

「最近一期に任せっきりだから、たまには息抜きして欲しいなって」

「私は信濃が居る時点で息抜きしてるも同然です。

なので近侍を替える必要はありません」

にっこり笑いながら言う一期。

段々と獅子王の機嫌が悪くなっていくのがわかった。

どうやら一期が譲らないから怒っているらしい。

「おい、獅子王……」

獅子王の腕を掴もうとすると、

「主。一期刀解して」

「え……?」

「俺と主の仲を邪魔する奴は消えた方が良いだろ?」

19話→←17話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (370 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
803人がお気に入り
設定キーワード:刀剣乱舞 , 愛され , シリアス
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

望月海(プロフ) - 匡さん» ありがとうございます♪早速書いてみます! (2017年5月23日 23時) (レス) id: 546fdd6d80 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 望月海さん» 刀剣たちが主をどう思ってるか箇条書きで書いたらわかりやすいと思いますよ( ̄▽ ̄) (2017年5月23日 1時) (レス) id: 7c11c8ca6a (このIDを非表示/違反報告)
望月海(プロフ) - 匡さん» どんな風にして欲しいとか要望ありますか?態々コメントありがとうございます♪ (2017年5月23日 0時) (レス) id: 546fdd6d80 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 主と刀剣たちの関係性を簡単でいいので、書いて欲しいです。 (2017年5月21日 1時) (レス) id: 7c11c8ca6a (このIDを非表示/違反報告)
シノ(プロフ) - 初コメです。作品のほうすごく私好みで続きが気になります!更新楽しみにしています。 (2017年2月16日 16時) (レス) id: 96383a0c14 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:望月海 | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2016年1月24日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。