占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:2 hit、合計:246,187 hit

12話 ページ13

貴方サイド

笑顔で辛辣な言葉を吐く一期。

僕の心が保たないよ。

「主は俺のだって!」

「勝手に決めないでいただきたい」

「一応言っとくけど僕は物じゃないよ」

と言ったが二人とも聞いちゃいない。

「乱。皆を連れて先に大広間に戻ってて」

乱は頷き皆を連れて大広間に行った。

「主!」

獅子王に大声で呼ばれ、ビックリする。

「何……?」

「主は俺の方が好きだよな!?」

「私の方ですよね、主殿!?」

なんなのこの二人……というか、なんでこんなに必死なんだろう。

「どっちかなんて選べるわけ……んっ⁉」

いきなり獅子王に噛みつかれるようなキスをされた。

「獅子王っ!?やめっ……」

舌を入れられ、絡めとられる。

「ふっ……んあっ……」

嫌だ。一期が側にいるのに。

声が出る……っ。

「んっ……俺ら、こういう関係だから」

漸く口を離した獅子王は、一期を睨みつける。

僕はと言えば、顔を赤く蒸気させ、グッタリとして獅子王に凭れかかる。

するとふわっと浮いた感覚……⁉

驚いて目を見開いていると、

「何すんだよ!?」

獅子王が声を荒げる。

「貴方には渡しませんので。

主殿にもお話があります」

そういう一期の顔はとてつもなく冷たかった。

「貴方はどうして……」

ボソッと一期が何かを呟く。

でも僕は混乱して、意識が混濁していた。

そのまま僕は意識を手放した___

13話→←11話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (370 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
804人がお気に入り
設定キーワード:刀剣乱舞 , 愛され , シリアス
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

望月海(プロフ) - 匡さん» ありがとうございます♪早速書いてみます! (2017年5月23日 23時) (レス) id: 546fdd6d80 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 望月海さん» 刀剣たちが主をどう思ってるか箇条書きで書いたらわかりやすいと思いますよ( ̄▽ ̄) (2017年5月23日 1時) (レス) id: 7c11c8ca6a (このIDを非表示/違反報告)
望月海(プロフ) - 匡さん» どんな風にして欲しいとか要望ありますか?態々コメントありがとうございます♪ (2017年5月23日 0時) (レス) id: 546fdd6d80 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 主と刀剣たちの関係性を簡単でいいので、書いて欲しいです。 (2017年5月21日 1時) (レス) id: 7c11c8ca6a (このIDを非表示/違反報告)
シノ(プロフ) - 初コメです。作品のほうすごく私好みで続きが気になります!更新楽しみにしています。 (2017年2月16日 16時) (レス) id: 96383a0c14 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:望月海 | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2016年1月24日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。