占いツクール
検索窓
今日:4 hit、昨日:99 hit、合計:26,264 hit

5話 ページ7

私が縋るようにスザクに抱きついていると、バツの悪そうな咳払いが聞こえてきて、はっと顔を上げるとそこには少し頬を赤く染めたルルーシュが立っていた


ル「風呂...借りたぞ。スザク、行ってこい」


そのルルーシュの声にゆっくりと私から体を離し、じゃあ行ってくるねとタオルを持ってバスルームに向かって行った


ル「.......」

貴『.......』

ル「.......」

貴『その...ごめん』

ル「謝ることは無い...が、二人きりでやってくれ。俺が居たたまれないだろうが」

貴『ふふっ』

ル「ん?何がおかしい」


私は知っている。ルルーシュは心配してくれているのだと。それは親友として、幼なじみとして、そして家族としてでもあることも。


貴『いーやー?ルルーシュにはいい人いないのかなーって思って』


でもきっとそれを言ってもルルーシュはまたちょっと顔を赤くして、そんなわけないだろとそっぽを向いてしまうだろうから敢えて言わない


ル「いい人...?騎士の話か?」

貴『バカルルーシュ。恋愛でに決まってるでしょ!』

ル「れ、恋愛!?...いや、俺はその、まだそういう人は...」


恋愛の話になった途端にごにょごにょ言い始めたルルーシュを盛大に笑ってやる


貴『あははは!いないんだ〜?ふ〜ん?あ!シャーリーは?この前デートしたんでしょ?』

ル「は?デート?...いや?していないが。というか俺とシャーリーはそういう仲じゃない」

貴『ルルーシュはそうでも、シャーリーは違うかもね』

ル「??どういうことだ」


ルルーシュの恋愛に対する鈍感っぷりもここまで来ると感心してしまう。シャーリー、君の想いはまだまだ彼の心に届いてないぞ...
と、心の中でシャーリーに哀れみの言葉を投げかけた

6話→←4話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (11 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
25人がお気に入り
設定キーワード:コードギアス , 反逆のルルーシュ , 枢木スザク   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ぴー | 作成日時:2019年3月1日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。