占いツクール
検索窓
今日:558 hit、昨日:819 hit、合計:327,698 hit

弐拾参話 ページ24

牋川A!任務中ニ倒レ蝶屋敷ニテ療養中!



鎹鴉からの伝令を聞いた瞬間、無我夢中で走った。

奴ほどの実力者が何故任務で………


思考を巡らせながらもやはり一番は彼女の安否だ。



「死んだら承知しねぇぞ……」




だから嫌なんだ。

大切な奴に限って危険な道へ進む。

血に汚れるのは俺だけでいいのに。






「あっあの!」





急いでいる最中に呼び止められ苛つきながら振り返れば幼い少女が立っていた。



「なんだ。こっちは急いでんだ。用件があるなら手短に言え。」

「あっあの……お兄ちゃんのその服って……鬼殺隊だよね…?」



こんなに幼い少女が政府非公式の組織である鬼殺隊の存在を知っていることに少し驚く。





「えっとね………お礼を言いたい女の人がいるの…」

「女ぁ?」

「愛川さんって言うんだけど……」

「!」



確実にAのことだ。

そして彼女の話に耳を傾ける。






「―――――――――――」

「は?」






その内容を聞いて思考が停止する。


しかしすぐに我に帰り急いで蝶屋敷へと再度走って向かう。





「糞が……何で早く俺に言わねぇんだよ…」



Aの頑固さに憤りを感じた。

しかし一番苛ついたのは彼女の笑顔の裏に隠された苦しみに気づくことのできなかった自分だ。

弐拾肆話→←弐拾弐話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (447 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
828人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 不死川実弥 ,
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

AOI3(プロフ) - チロルチョコさん» 私も生きてて欲しかった……殺して後悔してます(´д⊂) (12月19日 17時) (レス) id: e5bf353bab (このIDを非表示/違反報告)
チロルチョコ - 夢主そこは生きろよばかぁ,,, (12月15日 20時) (レス) id: 03d659cd41 (このIDを非表示/違反報告)
AOI3(プロフ) - 霊夢先輩さん» 夢主褒めてくださるとすごい嬉しい……理想の彼女像を具現化しましたので(変態は除く) (11月24日 20時) (レス) id: e5bf353bab (このIDを非表示/違反報告)
霊夢先輩 - 夢主ちゃんかわいいい...不死川さんではなく私と付き合いませ(((殴 (11月24日 16時) (レス) id: 905921c9f7 (このIDを非表示/違反報告)
巫癒(ふゆ)VII(プロフ) - 童磨か宇髄さんが良いです! (11月20日 14時) (レス) id: f6efed1c61 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:AOI 3 | 作成日時:2019年9月21日 14時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。