占いツクール
検索窓
今日:47 hit、昨日:26 hit、合計:5,791 hit

page1 ページ1

今日はほんの少し、少しだけお洒落をして外に出る。
元々あまりそういうことに興味がなかったものだから、母親にすこし…いやかなり怪しまれたが、なんとか友達と映画に行くのだとはぐらかして外に出た。

そう、今日はキヨと初めて会う日。

最寄りの駅で待ち合わせのはずなのだが、どこにいるのか見当たらない。
時刻は11時30分。
着いていてもおかしくないのだが…。

「A!」
「ひゃあっ」

後ろから抱きつかれる。
こんなことをする奴は一人しかいないのだが、相変わらず慣れない。

「さしぶり、A」
「もう少し落ち着いた再会出来ないの?」
「俺は行動で表すタイプだから無理」

1ヶ月、行動を共にしてきたはずなのに。
未だにこの男の考えていることは理解できない。

「…Aは嬉しくないの?」
「…う、嬉しいけど…」
「なら問題ないよな」

キヨの手が私の手元まで降りてきて、優しく握られる。

「キヨ」
「ん?」
「あれ言ってよ」
「あれ?」
「私まだ一度も聞いてない」
「あー…好き」
「…うん」

そんなに照れながら言われると、こっちも恥ずかしい。

page2→



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.1/10 (29 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
75人がお気に入り
設定キーワード:キヨ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

- オリジナルフラグ外して下さい (12月26日 15時) (レス) id: 810b31723d (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2019年12月26日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。