占いツクール
検索窓
今日:64 hit、昨日:277 hit、合計:394,447 hit

太陽にキスをして【special story】 ページ20

こちらはTwitterでお知らせしていました、フォロワー400人突破の記念小説になります。


内容は、もし藍沢先生と香坂先生が付き合っていて、そんな彼らの休日は…というif storyです。



このお話を読むにあたり、登場人物設定にて、名前の設定が必要となります。



読者さまが私の本編で使用されている、香坂先生のお名前の入力をお願い致します。

※デフォルトの状態は、結稀奈(ゆきな)さんになります。

※前話の都合上、藍沢先生の奥さんという表記になっていますが、新しく枠を作るにせよ同じ名前になるだろうなぁと思いましたので、このまま進めさせていただきます。



┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
(third party. -第3者-)

窓から射し込むあたたかな光の中に、シーツに身をくるんだふたつの膨らみがあった。



そのうちのひとつは、柔らかな光沢を反射した、太陽光に当たっていっそう明るくなった透き通った金糸のような細い髪を、ベッドに散らばらせている。



薄く色づいた唇から、かすかな寝息が漏れた。



おぼろげな視界に瞬きをひとつ。



その瞳は、眠気に潤む薄茶。



今に始まったことではないが、香坂結稀奈はとても朝に弱い。



こんなにものどかな光の中にいたら、とてもじゃないが起きる気にはなれないのは当たり前ではあるが。



「…9時か」



腕の中のぬくもりをもう1度抱き直して、藍沢耕作はそのやわらかな髪に口元をうずめた。



同じシャンプーの匂いがする、たったそれだけなのに、特別な意味があるように感じられる。



こうしてふたりで迎えられる、ゆっくりとした朝は、本当に何週間ぶりだろうか。



ぬくもりが恋しくなったのか、すり寄ってくる小さな頭を撫でてやる。



Tシャツがずり落ちて覗いた、白い肩が少し寒そうで、シーツごと自らの腕で引き寄せた。



「……ん、どしたの…」

「いいや。

…朝は相変わらず無防備だな」

「んー……、っ、どこさわって…!?」



するり、と太股をかすめた手に、半分夢の中だった思考が一気に覚醒した。



「もう…起きるから離して!」



シーツを跳ねあげて、半ば逃げるように腕を解いた彼女はばたばたと派手な足音を立てながら洗面所へと消えていく。



残された藍沢はひっそりと笑みを浮かべ、自らも身体を起こしてベッドの下に落ちていた半袖の黒いTシャツを拾い上げ、袖を通すのだった。

2→←3



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (507 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1903人がお気に入り
設定キーワード:コードブルー , 俳優 , 山下智久   
作品ジャンル:タレント
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

Mitsuki - いです!お忙しいことと思いますが、更新頑張ってください(^ ^) (1月4日 18時) (レス) id: aed2f04add (このIDを非表示/違反報告)
Mitsuki - 明けましておめでとうございます!もうすっかり香坂先生ファンです笑リクエストで、 香坂先生の新年の目標が聞きた (1月4日 18時) (レス) id: aed2f04add (このIDを非表示/違反報告)
Blueheart - 名前変えさせていただきました。以前 仰られていたホンマでっかのやつ見てみたいです~(●^o^●)時系列とか、まぁ 気にしません! (12月29日 22時) (レス) id: 6208755813 (このIDを非表示/違反報告)
あい - 更新ありがとうございますっ!!神ですね…((T_T)) (12月26日 9時) (レス) id: 6208755813 (このIDを非表示/違反報告)
美月 - 私のところにも香坂先生サンタが来て欲しいです・・・! 素敵なクリスマスプレゼントをありがとうございました! ayanelさんのペースで、これからも更新頑張って下さい! (12月26日 8時) (レス) id: d6d184a47b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ayanel | 作成日時:2017年8月18日 3時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。