占いツクール
検索窓
今日:36 hit、昨日:420 hit、合計:304,667 hit

第三十訓 ページ31

.



「正しくは鬼の末裔か」だとかニヤけながら言ってくる高杉。刀を構える私に対し煙管片手に立つ姿は些か不釣り合いだ。



「鬼は私の上司なのであって私じゃありません。人違いです」

「さっきとは変わった目の色、首元近くに出てくる痣。見る奴が見りゃァ誰でも分かるさ」



気を付けていたが、つもりだったらしい。もう夜で暗いからなんとなく大丈夫と思っていたのだが…今度からは気を付けなくては。しかしなぜ高杉がそのことを?



「天人とは違う。地球に昔からいたとされる鬼を祀ってきた村では鬼の血を引いて生まれてくる子がいるらしいな…それがお前だろ、中嶌A」

「人様の個人情報をベラベラベラベラと…私のストーカーが何かですか?気持ち悪ィ捕まれよマジで」

「ストーカーじゃねェ。知り合いに詳しい奴がいてなァお前のことよく話してるよ」

「それって…」

「Aさん!!」



ツッコミを入れてくれたのに少し喜びを感じたのも束の間、後ろから私の名前を呼ぶ声が聞こえてきた。

振り向けば総悟がいて、気が付けば高杉と話してる間に騒ぎは収まっていた。



「こんなとこで何してたんでィ。土方のヤローがあんたのこと探してましたぜ」

「私は…」



さっきまで高杉がいたであろう場所に視線を向けるも誰もいない 。聞きたいことがあったのだが逃げられてしまったようだ。逃げんの早杉。



「高杉捕まえようとしてた」

「その高杉はどこに?」

「…逃げられました。」

「……土方さんに言ったら怒られるだろうな〜」

「それだけは止めて。お願い、300円あげるから」



言わなきゃよかった。

高杉に私のことをよく話している"知り合い"とは一体誰のことなのか、見当もつかないけどここまで詳しく知っているとは驚きだ。


…村出身の人?そんなはずはない。それはもうないし私以外全員死んだ。…じゃあ誰が?


考えてもまっっったく分からないので考えるのは止めよう。今は総悟をどうやって口止めするかだ。

.

第三十一訓 警察は祭りの日も仕事篇 終→←第二十九訓



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (76 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
271人がお気に入り
設定キーワード:銀魂 , 女隊士 , 逆ハー   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

柊ひな(プロフ) - 黒華さん» 私の紛らわしい言い方で気を遣わせてしまいすみません…不快だなんて全く思ってないです!わざわざ応援までありがとうございます(泣) 更新頑張ります! (5月20日 17時) (レス) id: 3fe6b67371 (このIDを非表示/違反報告)
黒華(プロフ) - この間のコメントに不快を感じさせてしまっていたらすみませんm(*_ _)m物語シリーズを作者様が知っていたことが嬉しくて『おぉ!!』って思ったんです。銀魂な感じが出ている作風でとても好きです!これからも更新頑張ってください!応援してます! (5月20日 15時) (レス) id: 0ab52dedef (このIDを非表示/違反報告)
柊ひな(プロフ) - 黒華さん» そりゃ丸パクリして使われてたらゾワッてしますよね…笑 (5月20日 15時) (レス) id: 3fe6b67371 (このIDを非表示/違反報告)
黒華(プロフ) - 『後日談というか今回のオチ』というセリフが出てきてゾワッてしました!いい意味で笑 (5月19日 18時) (レス) id: 0ab52dedef (このIDを非表示/違反報告)
柊ひな(プロフ) - マダオさん» 世間一般的にはにわかかもしれませんが笑 物語シリーズ好きです! (5月19日 17時) (レス) id: 3fe6b67371 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:柊ひな | 作成日時:2019年4月6日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。