占いツクール
検索窓
今日:7 hit、昨日:4 hit、合計:3,900 hit
オレは一体、
どちら側なのかな…
────────────────────────
こんにちは。初めての方は初めまして。氷空(そら)です。一年以上お待たせして申し訳ないです。
創作刀剣男士シリーズ第三弾となります。
今回の伏字は三字。公式様にはない言葉ですので難しいかもしれませんね。

今回は一先ず扉絵はお休みです。現在李夜に依頼していますので、完成次第掲示すると思います。

今作もまた特殊設定や注意点が多いので注意書を確認の上読み進めることをお願いいたします。

上記のものが苦手な審神者の皆様は無理をせず、そっと帰城するようお願い致します。

時の凍った本丸の、とあるひとりの付喪神。
彼の知る事となった真実とは一体、どの様な物だったのでしょうか?

前作:その刀剣、─────につき。執筆状態:完結







































おもしろ度の評価
  • Currently 10.00/10

点数: 10.0/10 (5 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
7人がお気に入り
設定キーワード:刀剣乱舞 , 男主 , 創作刀剣男士
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:氷空 | 作成日時:2018年11月3日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。