占いツクール
検索窓
今日:203 hit、昨日:327 hit、合計:158,761 hit

ページ24









「廉の話していい?」

「うん、さっきからしてるけどね」



高橋くんは少し変わっている。
なんだか、空気を読まない。多分そういう人。

だけどそういうのが助かる場合もある。
特に今みたいな何を話していいかわからない時は
本当に 重宝されるべき才能だ。





「廉、高校のときから越してきたから関西弁のままらしいよ」

「そうなんだ」

「あと、彼女いたことないんだって」

「うん」

「でね、牧田さんのこと可愛いって言ってた」





急に爆弾を投下された。
頭がドンと殴られ爆発したみたいにショートする




「どう?」

「どう、とは?」

「いやぁお似合いだと思うけどねェ」



高橋くんはまた手を口元にやり
ニヤニヤと笑っている




「別にそういうんじゃないよ」

「あ、分かった
牧田さんも好きな人がいるんだ」





何も言えなくなる
好きな人
そんな純粋な響きがきっと似合わない

私の恋はどれだか分からない。






「隣の家に住む アイドル、とか?」






ビクンと鼓動が跳ねる
なんで
なんで高橋くんが知ってるの?






「なんか噂出てるよ」



ポッケからスマホを取りだし
とても早いスピードでタップして
snsの画面を私に見せる


私と紫耀くんが
キスしている

階段裏、木漏れ日が差し込む秋の朝


これは、文化祭のときの…






「なにこれ…」

「結構拡散されちゃってるみたい」

「嘘…」

「平野紫耀くんでしょ、今話題の」




私は頭が固まる。
どうして、どうしてこんな



「平野紫耀のファンの子にかな?
家まで特定されてるかも」



そう言って高橋くんは
チャットを見せてくる

・→←・



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (247 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1075人がお気に入り
設定キーワード:永瀬廉 , 平野紫耀   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(プロフ) - 作品に出てくる言葉一つ一つが綺麗で言葉の選び方がすごく好きです!作品の雰囲気も素敵でした!素敵な作品をありがとうございました! (12月6日 8時) (レス) id: 2427705538 (このIDを非表示/違反報告)
nny(プロフ) - 今回の作品もすごく面白いです!!前に書いていた勝利くんのやつが気になるので機会があればお目にかかりたいです!! (12月5日 14時) (レス) id: 5f3b77eda2 (このIDを非表示/違反報告)
ドレミ - すごい感動します! (12月5日 11時) (レス) id: 073a14a158 (このIDを非表示/違反報告)
霞草(プロフ) - satsumaimo1995さん» コメントありがとうございます。頑張ります(´O`) (12月5日 0時) (レス) id: 402b5f83f6 (このIDを非表示/違反報告)
satsumaimo1995(プロフ) - 新作楽しみにしていました!頑張ってください! (12月3日 1時) (レス) id: e6668ce924 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:霞草 | 作成日時:2019年12月2日 8時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。